9月10日  蒲生 その2

砂浜に出てみると、いつもよりゴミがなく、砂が覆い尽くしているように見えました。このところの台風や温帯低気圧の影響でしょうか。砂からはやっとこ顔を出したハマニガナが。また、こんなところにクモが歩いていました。
蒲生  ハマニガナ  クロケムリグモ
蒲生/ハマニガナ/クロケムリグモ

干潟の方に戻ると数羽の鳥影が。まずはキアシシギ。そのキアシシギを追っていると小さな鳥を発見。トウネンのようです。
キアシシギ  キアシシギ、トウネン  トウネン
キアシシギ/キアシシギ、トウネン/トウネン

キアシシギはカニを、トウネンは環形動物を食べていました。
キアシシギ  トウネン  ダイサギ
キアシシギ/トウネン/ダイサギ

ミサゴが獲物を持って通り過ぎていきました。ずいぶん平べったい魚です。どうやらカレイの仲間(ヌマガレイ)のようです。こんな魚も捕まえるんですね。その後再び奥の元養魚場に戻ってきました。すると池にスリムなシギが。セイタカシギかと思ったらコアオアシシギのようです。
ミサゴ  コアオアシシギ  コアオアシシギ
ミサゴ/コアオアシシギ

少しずつ近づいていくともう1羽やってきました。こちらはソリハシシギです。脚に「046」と書いてある青いタグが付いていました。2羽は仲良く移動していき、やがて一緒に飛び立っていきました。さて、私も帰ることとします。
コアオアシシギ、ソリハシシギ  コアオアシシギ、ソリハシシギ
コアオアシシギ、ソリハシシギ

9月10日  蒲生

天気:曇 最高気温:30.5度 最低気温:21.8度

この日は渡り途中のシギ・チドリを期待して蒲生へ。間もなく防潮堤工事が始まるらしく、現地までの道はかなり規制されています。工事中、そして完成後のこの周辺の環境がどのように変わってしまうのか心配です。まずは七北田川河口ちかくの池からチェック。カイツブリやバンの幼鳥が泳いでいました。
蒲生  カイツブリ  バン
七北田川河口/カイツブリ/バン

カンムリカイツブリも2羽ほどいました。そのうちの1羽は首の後ろ側を怪我しているように見えましたが、換羽途中だからでしょうか。おや、ホシハジロもいました。もう渡ってきたのかな。
カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ  ホシハジロ
カンムリカイツブリ/ホシハジロ

次に日和山を通って奥の元養魚場へ。途中、獲物を狙っているコサギがいました。おっ、小さな魚をゲット。養魚場へ着くと大きなポンプが設置され、水を抜いているようでした。やはりいよいよ工事が始まるようです。
蒲生  コサギ  元養魚場
蒲生/コサギ/元養魚場のポンプ

養魚場の堤の上を進んでいくと岸からシギが数羽飛び立っていきました。うー、失敗した。向こう岸にはサギがまとまって休んでいましたが、ほかは特にめぼしいものなし。
アオサギ、コサギ  ボラ  アシハラガニ
アオサギ、コサギ/ボラ/アシハラガニ

次に干潟と砂浜の方に移動することにします。すると水際に3羽の鳥影が。アオアシシギにソリハシシギ、キアシシギです。数は少ないけど効率はいいです。
アオアシシギ  ソリハシシギ  キアシシギ
アオアシシギ/ソリハシシギ/キアシシギ

もう少し歩いてみることにします。

7月18日  蒲生 その2

砂浜の方に回っていきましたが、しばらくは目立った収穫なし。常連のサギやウミネコたちくらいしか見当たりません。
ダイサギ  コサギ  ウミネコ
ダイサギ/コサギ/ウミネコ

さらに進んでいくと見慣れない後姿を発見。そっとついていくとようやくこちらを向いてくれました。ダイゼンです。
蒲生  ダイゼン  ダイゼン
蒲生/ダイゼン

さらに水際を移動していく2羽小さな鳥を発見。シロチドリです。あいにくすぐにとびたたれてしまったのですが、別な場所にいた小さな集団と一緒に少し離れた細長い洲に降り立ちました。しばらくその様子を観察。
シロチドリ  シロチドリ  シロチドリ  
シロチドリ

最後は日和山のところにある小さな池へ。するとコヨシキリの巣立ち雛と思われる個体が心もとない様子で水草にとまっていました。そろそろ時間です。ということで海の日の海の観察はこれにて終了。
コヨシキリ  バン  イソガニ
コヨシキリ/バン/イソガニ

7月18日  蒲生

天気:曇り時々晴 最高気温:30.2度 最低気温22.2度

1週間ぶりの真夏日です。この日は「海の日」。ということで蒲生に行ってみることに。まずは近くの池を見てみます。するとかなり遠くにカイツブリの親子が。よく見ると大きいヒナと小さいヒナが混ざっています。1番子と2番を同時に育てているのかな。また池のほとりのアシにはコヨシキリが囀っていました。
蒲生  カイツブリ  コヨシキリ
蒲生/カイツブリ/コヨシキリ

さて、河口近くに行ってみましょう。コンクリートの護岸に小さなクモがいました。単純にネコハエトリかと思ったのですが、海岸に生息するイソハエトリというクモのよう。可愛いです。フナムシやコメツキガニは相変わらず元気です。
蒲生  イソハエトリ  フナムシ
蒲生/イソハエトリ/フナムシ

水の中をのぞくと小さな魚やカニの姿がありました。
コメツキガニ  ハゼの仲間  イソガニ  
コメツキガニ/ハゼの仲間/イソガニ

奥の元養魚場の方に向かいます。上空にはミサゴが。また、こちらでもコヨシキリが囀っています。池には居残り組のキンクロハジロが少数。
ミサゴ  コヨシキリ  キンクロハジロ  
ミサゴ/コヨシキリ/キンクロハジロ

この日はササゴイが数羽いました。頭の羽毛がポヤポヤなのもいます。巣立ちした幼鳥のようです。もう自分で小さな魚を捕まえたりしていました。
ササゴイ  ササゴイ  アシハラガニ
ササゴイ/アシハラガニ

このあと、海の方に回ってみます。

5月8日  蒲生 その3

陸地側に移動していくと、短い草が生えている場所でチドリの姿を見つけました。シロチドリのようです。それを追いかけるようにもう1羽が現れました。オスでしょうか。でも気になったことが。オスが右足を使えないようです。よく見ると右足に足環が付ついているのですが、その前後が膨れているようにも見えます。相当無理に付けたのではないでしょうか。調査も大事でしょうが、これでは本末転倒です。
シロチドリ  シロチドリ  シロチドリ
シロチドリ

ほかにも近くにシロチドリがいましたが、さらに移動して奥の元養魚場付近にやってきました。オオヨシキリが元気に鳴いています。
シロチドリ  蒲生  オオヨシキリ
シロチドリ/蒲生の風景/オオヨシキリ

池ではコチドリが歩き回っていました。また、中ほどの倒木にキアシシギが並んで休んでいました。さっき見ていたのとは別な集団だと思います。
コチドリ  キアシシギ
コチドリ/キアシシギ

元の場所に戻ってきました。そろそろ引き上げという頃、上空にミサゴを見つけました。おー、かなり大きな獲物を運んでいます。
蒲生  蒲生  ミサゴ
蒲生の風景/ミサゴ

七北田川の河口付近にも2羽のミサゴが旋回していたので様子を見ていると、こちらも次々獲物をゲット。こちらもかなりの大物です。でも1羽のミサゴは途中でカラスに追われて魚を落としてしまいました。ミサゴは悔しそうに下を見つめていましたが、結局諦めたようです。次、また頑張ろう。
ミサゴ  ミサゴ  ミサゴ
ミサゴ
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR