4月14日  追廻 その2

学生のグループが観察会をしていたので、何かいたか尋ねてみると、河川敷の方にコムクドリがいたとのこと。ためしに行ってみることに。
追廻
追廻

探してみるも姿はなく、ツグミが数羽いただけでした。その後、元の住宅地もまわってみましたが、出会うのはモズばかり。
ツグミ  モズ  モズ
ツグミ/モズ

再びテニスコート付近に戻り、残り時間はサクラがらみの鳥などを撮ってみました。
シジュウカラ  ヤマガラ  センダイムシクイ
シジュウカラ/ヤマガラ/センダイムシクイ

夏鳥の成果はいま一つでしたが、のんびりと散策ができました。
サクラ  トチノキの若木  ナズナ
サクラ/トチノキの若木/ナズナ

4月14日  追廻

天気:曇 最高気温:10.9度 最低気温:3.9度

この日は気の早い夏鳥に会えないかと追廻へ。
追廻  
追廻

サクラは満開を過ぎていましたが、まだ咲いており、木々は芽吹いて淡く色づいています。
追廻  カキドオシ  アオキ
追廻/カキドオシ/アオキ

まずはじめに会ったのは、このところ常連のマヒワです。杉の実などを食べているようです。その後もいつも見かける鳥ばかり。このメジロはなぜこんなポーズ?
マヒワ  コゲラ  メジロ
マヒワ/コゲラ/メジロ

でもさらに進むとセンダイムシクイの鳴き声が複数聞こえてきました。上の方にばかりいて見つけるのに苦労しましたが、なんとか確認できました。その名のとおり虫をついばむ姿も見せてもらいました。
センダイムシクイ  センダイムシクイ  センダイムシクイ
センダイムシクイ

もう少し歩き回ってみることにします。

3月11日  追廻 その2

散策路を進んで行くと、エナガとシジュウカラに会いました。エナガはコケのようなものを口にくわえていました。巣作りが始まっているのかもしれません。
エナガ  エナガ  シジュウカラ
エナガ/シジュウカラ

突然、目の前にカモシカが現れました。まだ若い個体のようです。こちらに気づかないのか、どんどん近づいてきます。数メートルの距離になりようやく気づき、しばらくこちらを見つめた後、ゆっくり横の笹薮の中に消えていきました。
ニホンカモシカ  ニホンカモシカ  ニホンカモシカ
ニホンカモシカ

その後、元の住宅地も一回りしましたが、工事がさらに進んでおり、見つけたのは電線にとまっていたモズくらいでした。
モズ  トチノキの実  モミジバフウの実
モズ/トチノキの実/モミジバフウの実

ということで時間となりました。本日はここで撤収です。

3月11日  追廻

天気:晴後時々曇 最低気温:-1.5度 最高気温:8.0度

この日はあまり時間がなく追廻をさらっと見ることにしました。日向ではヒメオドリコソウが咲いていましたが、日陰はまだ冷たく、面白い形の霜柱ができていました。
追廻  ヒメオドリコソウ  霜柱
追廻/ヒメオドリコソウ/霜柱

テニスコート脇の杉の木の下にマヒワの群がいました。人や車が通る度、一斉に飛び立って木の上にとまり、しばらくするとまたやって来て餌をついばんでいました。
マヒワ  マヒワ  マヒワ
マヒワ

そのすぐ近くの木のテーブルにベニマシコのオスが1羽、ひょいと現れました。その後、しばらくじっとしてくれ、サービス満点でした。
ベニマシコ  ベニマシコ  ベニマシコ
ベニマシコ

もう少し歩いてみましょう。

1月8日  追廻

天気:曇後一時雨 最低気温:-0.6度 最高気温:7.9度

ちょっとだけ追廻をのぞいてみました。でもしばらくは生き物の気配なし。しばらく歩いていると、ようやく杉の木に鳥の群を発見。マヒワです。そのすぐ近くにはモズもいました。
マヒワ  モズ
マヒワ/モズ

元の住宅地の方はかなりの部分に盛土がされ、重機なども入っていました。こんなに広い空地は他になかったので貴重だったのですが、公園整備の本格化とともに散策も難しくなりそうです。
カシラダカ  ツグミ  シメ
カシラダカ/ツグミ/シメ

草地も減り、鳥の数もいまひとつ。いつも見られるジョウビタキやベニマシコにも会えず。残念。
ホオジロ  カシラダカ、ホオジロ  トビ
ホオジロ/カシラダカ、ホオジロ/トビ
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR