6月17日  広瀬川

この日は広瀬川を散策。
広瀬川
広瀬川

堤にスイカズラの花が咲いていました。河川敷にはツメクサが花をつけていました。街なかで見るものよりのびのび大きく育っています。小さな虫たちも活発に動いていました。
スイカズラ  ツメクサ  ヤナギルリハムシ
スイカズラ/ツメクサ/ヤナギルリハムシ

ヒナにあげるのか、セグロセキレイが口いっぱいに餌をくわえています。近くには巣立ったばかりの幼鳥の姿も。でもこの子の親ではないようです。カワラヒワもいましたが、こちらも巣立ったばかりの幼鳥のようです。
セグロセキレイ  セグロセキレイ  カワラヒワ
セグロセキレイ/カワラヒワ

岸近くの浅瀬では小魚の群が泳ぎ、オタマジャクシもたくさんいました。ヤナギの木の天辺ではホオジロが元気よくさえずっています。
小魚  オタマジャクシ  ホオジロ
小魚の群/オタマジャクシ/ホオジロ

チョウもたくさん飛んでいたのですが、カメラに収められたのはキタキチョウとイチモンジセセリのみでした。
キタキチョウ  イチモンジせせり
キタキチョウ/イチモンジセセリ

7月10日  花壇

天気:晴後時々曇 最高気温:30.2度 最低気温:20.4度

この日は広瀬川沿いを歩きながら花壇まででかけました。アユ釣りが解禁になったので、川には釣り人とたちがいます。
広瀬川  広瀬川
広瀬川

河川敷に出て歩いていくといろいろな虫たちに会えました。カマキリはだいぶ大きくなってきています。葉っぱの裏にはハサミムシが。ハムシもいました。
オオカマキリ  キバネハサミムシ  クロウリハムシ
オオカマキリ/キバネハサミムシ/クロウリハムシ

ムシトリナデシコにベニシジミがとまっています。大き目な木の幹に虫が集まいました。小さな甲虫とアメンボです。アメンボも樹液を吸うのを初めて知りました。別な場所ではカナブンも食事中でした。
ベニシジミ  甲虫とヒメアメンボ  カナブン
ベニシジミ/甲虫の仲間、ヒメアメンボ/カナブン

ここの住人も元気にしていました。子供たちはまだこのあたりにいて、親から餌をもらっているようです。写真を撮っているときには気づかなかったのですが、同じ木に2羽の子がとまっていました。(右の写真)
ハヤブサ  ハヤブサ  ハヤブサ
ハヤブサ

帰り道では川の中の石にウミネコを見つけました。単に休んでいただけなのだと思うのですが、まるで抱卵しているようなポーズでした。繁みにはハグロトンボがフワフワと飛んでいます。堤にコガネムシがひっくり返っていました。もとに戻してあげるかわりにパチリさせてもらい、この日は撤収です。
ウミネコ  ハグロトンボ  コフキコガネ
ウミネコ/ハグロトンボ/コフキコガネ

11月29日  花壇

天気:曇時々晴一時雨 最高気温:9.3度 最低気温:0.8度

この日は花壇へ。震災で川の中に崩れ落ちた崖の一部が9月の豪雨で流されたのか、川は以前よりさっぱりしていました。水面にはカワアイサが。なぜかメスばかり6羽の集団でした。広瀬川ではオスよりメスを多く見かけるように思いますが、気のせいかな。
花壇  カワアイサ  カワアイサ 
花壇/カワアイサ

河川敷では大きく育っていた木々がなぎ倒されていました。ササの隙間から細長い首がのぞいていました。ダイサギです。近づいていくと飛ばれてしまいましたが遠くまでは逃げず、じっくり写真を撮らせてもらいました。
河川敷の様子  ダイサギ  ダイサギ
河川敷の様子/ダイサギ

あとはカイツブリがいた程度なので、ゆっくり引き返すことにしました。再びカワアイサ発見。と、思ったらマガモとのペア。偶然一緒にいたのだろうと思ったのですが、どうもマガモがカワアイサを追いかけているようです。道ならぬ相手を見初めてしまったのか、ただ追い払っているのか。でもこのあともずっと2羽一緒に下流に消えていきました。また、枯草を伝ってテントウムシが忙しそうに歩き回っていました。何をしているのか見ていると草が集まったところでとまり、動かなくなりました。日向ぼっこができる居心地のいい場所を探していたようです。
カイツブリ  カワアイサ(左)、マガモ(右)  ナナホシテントウ
カイツブリ/カワアイサ(左)、マガモ(右)/ナナホシテントウ

古くからの(代替わりしていますが)ここの住人もいてくれました。
ハヤブサ  ハヤブサ
ハヤブサ

4月4日  花壇

天気:晴時々曇 最高気温:15.3度 最低気温5.6度

この日、午前中にちょっとだけ花壇まで出かけてみました。河川敷の木々も芽吹き、パステル調に色づき始めています。まだこの地が名残惜しいのか、ツグミが木の枝で休んでいました。
広瀬川  花壇  ツグミ
広瀬川/花壇/ツグミ

広瀬川沿いの土手にはヤブサンザシが小さな黄色い花を咲かせていました。
ヤブサンザシ  セイヨウタンポポ  ヒメオドリコソウ
ヤブサンザシ/セイヨウタンポポ/ヒメオドリコソウ

崖になっている場所の擁壁からたくさんの丸い穂が下がっています。タヌキランでしょうか。通り沿いでフクジュソウの花も見つけました。
タヌキラン  タヌキラン  フクジュソウ
タヌキラン/フクジュソウ

2月1日  花壇

天気:晴後薄曇 最低気温:-2.4度 最高気温:7.3度

前日は結構雪が降りましたが、この日の日中にはもうほとんど残っていませんでした。午後から歩いて花壇まで往復しました。
霊屋橋から広瀬川上流を望む

霊屋橋から広瀬川をのぞくとキンクロハジロ、カイツブリがそれぞれ2羽ずつ泳いでいました。川沿いに進むとカワアイサの集団も。
キンクロハジロ  カイツブリ  カワアイサ

キンクロハジロ  カイツブリ  カワアイサ

評定河原橋を渡り、さらに進んでいくとマガモの群。なぜかオスが多い。そして花壇に到着。まず出迎えてくれたのは常連のホオジロ。奥の方にはダイサギが佇んでいました。
マガモ  ホオジロ  ダイサギ

やはりここはなんとなく殺風景になってしまったなと思いながら対岸を見ていると遠くにキセキレイが飛んできました。近づこうとしているとセグロセキレイがやって来てキセキレイを追っ払ってしまいました。もう。今度はイソシギが飛んできてくれましたが、こちらもちょっと遠く。カワセミも2度ほど見かけましたが写真は撮れず。
キセキレイ  イソシギ  ネコヤナギ

奥に進むと川面にキンクロハジロがお行儀よく並んで泳いでいます。ここでこれほどの数のキンクロハジロを見るのは珍しいかも。別の場所ではカワアイサの集団にキンクロハジロが1羽だけ混ざって泳いでいました。なんか、勘違いしてる感じ。
キンクロハジロ  キンクロハジロ ダイサギ  キンクロハジロ(中央) カワアイサ

さて、そろそろ引き返さないと。河川敷を歩いているとモズが目の前にとまりました。間違いなくこちらを認識しているはずですが、全く意に介さず。私のすぐ近くで地面に下りたり、少し高めの枝などにとまって狙いをつけたりを繰り返していました。もっと見ていたかったのですが、時間がありません。帰らなきゃ。
モズ  モズ  モズ  

帰りの広瀬川ではオナガガモなどを見かけました。川の堤にはスズメがの群が。スズメもたまには撮ってあげないと。
オナガガモ  スズメ  スズメ

岸から離れる直前にふと見ると、すぐ真下にコガモがいました。目が合っちゃいましたが、なんとか驚かすことなくその場を離れることができました。
コガモ
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR