4月29日  鈎取野鳥の森

天気:晴後曇一時雨 最高気温:20.1度 最低気温:6.8度

この日は青葉山の奥にある鈎取野鳥の森へ。ここは散策路はあるのですが、けっこう深い森です。道の脇にはギンランやニシキゴロモが咲いていました。
鈎取野鳥の森  ギンラン  ニシキゴロモ
鈎取野鳥の森/ギンラン/ニシキゴロモ

また、チゴユリが花の盛りでした。スミレの仲間は盛りを若干過ぎていましたが、まだあちこちで見ることができました。
チゴユリ  マキノスミレ  ナガハシスミレ
チゴユリ/マキノスミレ/ナガハシスミレ

歩いていくとキビタキとオオルリの鳴き声が聞こえてきました。どちらも遠くでしたが、一応、姿を確認することができました。
キビタキ  オオルリ  シュンラン
キビタキ/オオルリ/シュンラン

沢にカエルを見つけました。スマートだったので一瞬カジカガエルかと思ったのですが、ツチガエルでした。冬眠から覚めたばかりでまだ痩せているのかな。
ヒトリシズカ  カタクリ  ツチガエル
ヒトリシズカ/カタクリ/ツチガエル

斜面にお花畑のようにミヤマツチグリの黄色い花が咲きそろっていました。また、葉っぱの上に小さなヤブキリの幼虫も見つけました。
ミヤマツチグリ  イカリソウ  ヤブキリの幼虫
ミヤマツチグリ/イカリソウ/ヤブキリ

小さな谷間からヤブサメの鳴き声が聞こえてきました。しばらくじっとしていると、がさごそと枯葉がなり始め、ちょっとだけ姿を見せてくれました。
ヤブサメ  ヤブサメ
ヤブサメ

3月12日  青葉山

天気:曇後晴 最低気温:2.6度 最高気温:9.7度

この日もトウホクサンショウウオ探しに、青葉山の前日とは違う場所へ。沢への途中、あちこちからカタクリの葉が開き始め、アズマスゲも咲いていました。
ヒメカンスゲ  シジュウカラ  ヤマガラ
アズマスゲ/シジュウカラ/ヤマガラ

また、いろいろな巣や、牙をむき出しにしているような松の木も見つけました。
ハチの巣  鳥の巣  不気味な幹
ハチの巣/鳥の巣/不気味な松

セリバオウレンも結構咲いており、春が近いことを感じさせてくれました。でも肝心な沢にはやはり水がなく、トウホクサンショウウオの卵、成体ともに全く見つけることができませんでした。この状況、かなり心配です。
セリバオウレン  セリバオウレン  セリバオウレン
セリバオウレン

11月6日  青葉山

追廻を歩いた後、若干時間があったのでちょっとだけ青葉山ものぞいてみました。今年はキッコウハグマの咲く時期に山方面に行かなかったので、もうあきらめていましたが、かろうじて咲き残っている花を見ることができました。ツワブキはちょうど満開でした。
青葉山  キッコウハグマ  ツワブキ
青葉山/キッコウハグマ/ツワブキ

山では様々な色の小さい実を見ることができました。
ヤブムラサキ  チゴユリの実  ツルアリドオシ
ヤブムラサキの実/チゴユリの実/ツルアリドオシの実

でも生き物にはほとんど出会えませんでした。見かけたのはこのカメムシ程度。枯れ枝に小さな甲虫を見つけて写真を撮ったのですが、死んだカミキリムシが木にくっついていたものでした。
青葉山  ハサミツノカメムシ  カミキリムシの死骸
青葉山/ハサミツノカメムシ/カミキリムシの死骸

8月13日  青葉山

天気:快晴 最高気温:27.7度 最低気温:19.2度

この日は青葉山へ。
青葉山
青葉山

小さな水辺でオニヤンマがお尻の先で何度も水面をたたくようにして産卵をしています。また、同じ場所でカラスアゲハが吸水をしていました。水がたまっている場所にはトウホクサンショウウオの幼生も。滑り出しは好調です。
オニヤンマ  カラスアゲハ  トウホクサンショウウオ
オニヤンマ/カラスアゲハ/トウホクサンショウウオ

ところが先に進むと特段の収穫はなし。蚊だけがじゃんじゃん寄ってきます。
オオハンゴンソウ  アオヤギソウ  コバギボウシ
オオハンゴンソ/アオヤギソウ/コバギボウシ

蚊の攻撃があまりに激しいため、長居はできずすぐ引き返すことにしました。
ヒゲナガルリマルノミハムシ  カメムシの仲間  アリジゴク
ヒゲナガルリマルノミハムシ/カメムシの幼虫/アリジゴク

ということで最初に寄った水辺で改めてトウホクサンショウウオの姿を探すと、さらに数匹の幼生を確認することができました。育ち具合には結構差があって、中にはえらが小さくなり、間もなく上陸しそうな個体もいました。(写真右)
トウホクサンショウウオ  トウホクサンショウウオ  トウホクサンショウウオ
トウホクサンショウウオ

そろそろ帰ろうと車まで戻ってくると、地面を光沢のある甲虫が歩いています。センチコガネです。今年は太白山でたくさん見ることができましたが、見つければついシャッターを押したくなります。草陰に隠れるまで写真を撮らせてもらい、この日は終了です。
センチコガネ  センチコガネ  センチコガネ
センチコガネ

7月30日  青葉山

天気:晴後一時曇 最高気温:31.1度 最低気温:22.4度

この日は青葉山へ。木漏れ日の中、散策路を進んでいくと道際にキンミズヒキが咲いていました。オカトラノオにハナカミキリがとまっています。
青葉山  キンミズヒキ  アカハナカミキリ
青葉山/キンミズヒキ/オカトラノオ、アカハナカミキリ

よく見るとほかにも数匹いて、中には交尾しているカミキリもいました。しばらく進むと大きな虫が飛び立って木の幹にとまりました。正体は交尾中のヒカゲチョウ。なるほど、それで大きく見えたんだ。
アカハナカミキリ  オオヒカゲ  ノギラン
アカハナカミキリ/オオヒカゲ/ノギラン

森にはいろいろなキノコが生えていました。もこもこと可愛いのはホウキタケの仲間。さらに地面に大きな茶色い塊を発見。ヤマナメクジ、しかも交尾中のようです。ナメクジは雌雄同体なので1個体で繁殖できるのですが、通常は交尾をしてお互いの精子を交換するとのこと。なかなかすごい。
フサヒメホウキタケ、ヒナアンズタケ  ヤマナメクジ  ヒグラシ
フサヒメホウキタケ/ヤマナメクジ/ヒグラシ

さらに進むとまたハナカミキリが。でもこちらはさっきのと違い斑模様です。朽ちた木にはキマワリが歩いていました。
ヨツスジハナカミキリ  キマワリ  キノコの仲間
ヨツスジハナカミキリ/キマワリ/キノコの仲間

沢に出ました。水はかなり少なめです。トウホクサンショウウオの幼生たちがちゃんと育っているか心配になって沢をのぞき込むとすぐに1匹の幼生を見つけることができました。でもこの日見つけたのはこの1匹のみ。やはり例年より厳しい状況なのかもしれません。また、沢の周囲のあちこちにアカガエルの赤ちゃんがいました。どちらも立派に大きく育ってもらいたいものです。
キイロスズメバチがセミの死骸に取り付いていました。
トウホクサンショウウオ  ヤマアカガエル  キイロスズメバチ
トウホクサンショウウオ/ヤマアカガエル/キイロスズメバチ

そろそろ引き上げ時間です。車に戻ると汗びっしょりでした。
ヌスビトハギ  ドクツルタケ
ヌスビトハギ/ドクツルタケ
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR