4月1日  大沼周辺

天気:雨 最高気温:6.1度 最低気温:3.3度

この日はほぼ月いちの大沼周辺短時間巡回。季節はすっかり移り、鳥の数もめっきり減りました。この日いたのは北帰行できなかったのかハクチョウが1羽と、ハシビロガモの集団くらい。このハクチョウ、さびしいのか、人や車が通りかかる度に呼びかけるように声を上げていました。
大沼  オオハクチョウ  ハシビロガモ
大沼/オオハクチョウ/ハシビロガモ

水面にユニークな後姿を見つけました。カンムリカイツブリです。この日いたのは2羽。すっかり夏羽に変わっていました。ここで繁殖するようになって通年で見られるようになりました。今年も子育ての様子が見られそうです。
カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ、カワウ  カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ、カワウ

泥が見える場所にコチドリが3羽いました。例年だと赤沼で見かけることが多いのですが、すぐ近くで工事をしているので落ち着かないのかもしれません。脚で地面を軽くたたいては嘴で地面をつついていましたが、餌を見つけるための技なのでしょうか。
コチドリ  コチドリ  圃場整備の様子
コチドリ/周辺の圃場整備工事の様子

3月4日 大沼周辺 その2

大沼です。
大沼
大沼

見渡しても冬の水鳥はまばら。大方の鳥たちは北に帰っていったのでしょう。そんな中、コガモのそばに2羽の見慣れない鳥影が。オオハシシギです。
マガモ、オオバン  コガモ、オオハシシギ  オオハシシギ
マガモ、オオバン/コガモ、オオハシシギ/オオハシシギ

私は11月の初めに赤沼で一度見たきりでしたが、この2羽、赤沼と大沼を行ったり来たりしながら、結局、ひと冬ここで過ごしたようです。2羽は餌探しに夢中で長い嘴をなかなか見せてくれません。
オオハシシギ  オオハシシギ  オオハシシギ  
オオハシシギ

しばらく粘ってようやく嘴全体が見える写真を何枚か撮ることができました。この嘴、閉じていると固そうですが、写真で確認すると膨らむように開けていたり、反り返っているように見えたりします。実は柔らかいのかな。不思議。 
オオハシシギ  オオハシシギ  オオハシシギ
オオハシシギ

3月4日 大沼周辺

天気:晴後一時雨 最低気温:1.8度 最高気温:10.3度

この日はいつもの大沼周辺短時間巡回。大規模な圃場整備が進む中、ミヤマガラスの群がひっくり返された土の上で餌を探しています。そろそろ彼らも北に帰る準備でしょうか。この群にはコクマルガラスは混ざっていないようでした。
ミヤマガラス  ミヤマガラス  ミヤマガラス
ミヤマガラス

地元紙にも出てしまった某施設のトラフズク。今季最後のあいさつに行きました。年末には一つの木に3羽がとまっていましたが、この日は1羽のみ。しかもかなり中の方で休んでいたので撮れたのはこんな写真だけでした。来季も来てくれるとうれしいのですが…。
トラフズク  トラフズク  トラフズク
トラフズク

次に大沼へ。

2月4日  大沼周辺

天気:晴時々みぞれ一時雪 最低気温:3.1度 最高気温:11.0度

この日は定例の大沼周辺短時間巡回。2月に入り沼にいた水鳥たちも移動を始めたのか、数が減ってきており、残ったカモたちは種類ごとに固まっています。
大沼  マガモ  ハシビロガモ
大沼/マガモ/ハシビロガモ

ハクチョウも沼にいたのはごくわずか。陸にいるカワウは時折羽を広げたりしています。ミコアイサは数羽が一定の距離を保って潜水を繰り返しています。
オオハクチョウ  カワウ  ミコアイサ(右)
オオハクチョウ/カワウ/ミコアイサ(右)

ということで、ついシャッターを切るのはミコアイサになってしまいます。正面顔は覆面レスラーみたい。
ミコアイサ  ミコアイサ  ミコアイサ
ミコアイサ

それからこの日は上空をミサゴが行ったり来たりしていました。水鳥が減って魚を狙いやすくなったのでしょうか。
ミサゴ  ミサゴ  ミサゴ
ミサゴ

最後に鉄塔にとまっていたノスリを撮ってこの日は撤収です。
ノスリ  ノスリ
ノスリ

1月7日  大沼周辺 その2

ミヤマガラスがいないかと、これまで比較的よく見られた場所に行ってみましたが、この日は全くいません。周囲を見渡してもカラスの群は見当たりません。そのかわりチョウゲンボウが少しの間、相手をしてくれました。
チョウゲンボウ  チョウゲンボウ  チョウゲンボウ
チョウゲンボウ

別な場所では道のすぐ脇にノスリがいましたが、気づかれて飛ばれてしまいました。飛んで行った先の電柱に別なノスリがとまっていたので、喧嘩でも始まるかと思いきや、何事もなし。引き上げ時間が迫ってきました。幹線道路に戻る途中、田んぼの中にようやくミヤマガラスの群を発見。おっ、白黒のコクマルガラスも混ざっています。
ノスリ  ノスリ  ミヤマガラス、コクマルガラス
ノスリ/ミヤマガラス、コクマルガラス

当初はかなり遠かったのですが、何かのきっかけで群が一斉に飛び立ち、道路沿いの電線にとまったので、その道を経由してコクマルガラスの写真を撮り、帰投しました。全体は結構大きな群で白黒のコクマルガラスも10羽前後いたようにみえました。
コクマルガラス  コクマルガラス  コクマルガラス 
コクマルガラス
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR