3月23日  錦町公園

天気:曇後一時雨 最低気温 0.4度 最高気温:10.6度

昨日に続き、最高気温が10度を超える暖かな日になりました。錦町公園のスイセンは花が開き、春らしい雰囲気になってきました。その脇ではクロッカスのつぼみが大きく膨らんできています。アセビも鈴なりの花が咲き始めていました。
スイセン  クロッカス  アセビ

勾当台公園の近くの生垣の地面ではハコベが花を咲かせていました。とても小さく目立たない花ですが、こうして見ると、なんともかわいらしい姿をしています。
ハコベ

3月21日  勾当台公園

天気:晴一時雪 最低気温:0.7度 最高気温7.9度

前々日に錦町公園でジョウビタキ、勾当台公園でミソサザイとツグミを見たので、この日もいないかと探しましたが、いてくれたのはツグミだけ。このツグミ、何を気にしているのかしきりに上を見上げていました。ツグミだけではさびしいのでスズメも1枚。赤く色づいたヒイラギナンテンをバックにきれいな絵が撮れました、けどちょっと季節感がない?
上を見上げるツグミ  ツグミは何を気にしている?  スズメ

3月20日  大崎市

天気:曇時々晴一時雪 最低気温-0.1度 最高気温7.8度(いずれも仙台のデータ) 

この日はかねてから行こうと思っていた場所に行くため盛岡まで足を伸ばしました。間もなく無料期間が終了するからか、高速は交通量がとても多かったです。盛岡で用を済ませ、帰り道の途中、大崎市で一休み。ほんのちょっと歩いた田んぼのあぜ道にヒメオドリコソウとオオイヌノフグリを見つけました。いわゆる“マジックアワー”に近い時間帯だったからでしょうか、オオイヌノフグリがいつもと違う、何ともいえない美しい色合いに写ってくれました。
葦原の風景  ヒメオドリコソウ  オオイヌノフグリ

3月18日  青葉山 その2

早春の青葉山。散策路を進みます。足元にひっくり返ったツチグリを見つけました。立ち止まって周囲を見回すとたくさんのツチグリがころがっていました。
散策路  ツチグリ  ?

虫たちには意外に会うことができました。キシダグモやハシリグモ、黒地にグレーの縞模様が入ったマエトビケムリグモなんてクモにも会えました。石の上にはハサミムシも。
アズマキシダグモ  マエトビケムリグモ  コブハサミムシ

そろそろ来た道に戻るあたりの道端に明るい黄緑の小さなかたまり発見。おー、フキノトウ。春だー。雪解けの水をたっぷり含んでいるのか、コケもとても生き生きして見えました。
フキノトウ  シッポゴケ?

昨年のこの時期には全く青葉山に行くことができず、私の中では季節が途切れていたような気がしていました。この日、こうやってセリバオウレンやフキノトウを見ることができて、1年ぶりでようやく季節がつながり、また動き始めたように感じました。

3月18日  青葉山

天気:曇 最低気温:5.2度 最高気温:10.0度

このところ週末になると天気が悪く、あまり活動ができません。この日もあまり良い天気ではありませんでしたが、春の兆しを探しに、いざ。
向かった先は青葉山。実は1年前、震災がなければ、その翌日に青葉山に行くつもりでした。でも震災の後もしばらく訪れることがでず、私にとって去年は春がなかったように感じていました。
青葉山

カタクリなどの早春の花にはまだ早いのですが、この日の目的はトウホクサンショウウオです。それでも散策路を登っていくとカタクリの葉がずいぶん出てきており、中にはつぼみをつけている株もありました。道の脇にジャノヒゲの実を見つけました。こんな場所では、まるで青い宝石のように見えます。
カタクリ  カタクリ  ジャノヒゲ

さて、目的の場所に着きましたが、周囲は雪が残っています。沢のよどみを見て歩きましたが、残念ながらいないようです。今年は寒い日が続いたので、まだ産卵にはちょっと早いのかもしれません。雪道の上に木の実の房が落ちていました。見るとその近くにたくさんの種子が落ちていました。カラスザンショウのようですが、種子の色が黒くないので、自信がありません。
カラスザンショウの実?  カラスザンショウの種子?

次に向かったのはセリバオウレンの群生地。こちらも葉は伸びているのですが、まだ花は咲いていなそう…、と思ったら、いくつか白く可憐な花を咲かせていました。
セリバオウレン  セリバオウレン

サンショウウオには会えませんでしたが、ようやく「いつもの」春を、少しだけ感じることができた気がします。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR