4月15日  花壇

天気:晴一時曇 最高気温:13.6度 最低気温:4.4度

気温も上がり、穏やかな一日でした。この日は花壇に行くことに。春先の花壇は、以前は河原で早めに動き出す蝶や虫たちを見ることができたのですが、震災や豪雨ですっかり様子が変わってしまった今年はいったいどんな状況なのか、少し心配でもあります。まずは霊屋橋から広瀬川を遡っていきます。
霊屋橋から下流を望む

カワセミがよく見られたポイントでは、相変わらず工事車両用のために流れが止められてしまっていましたが、ホオジロやまだこのあたりでのんびりしているコガモに会うことができました。また評定河原橋を過ぎたあたりでは冬を越したヒオドシチョウが日向ぼっこしていました。
ホオジロ  コガモ  ヒオドシチョウ

広瀬川は水量が多くなり、ネコヤナギの花もすっかり開いています。また河原の木々もうっすら緑色に染まりはじめました。
川の流れとヤナギ  広瀬川  萌え始める木々    

フキノトウは文字どおり薹が立ち、タンポポの花も咲いています。ネコヤナギの花では小さなハチが花粉だらけになりながら夢中で行き来していました。
フキノトウ  セイヨウタンポポ

ハナバチの仲間  ビロードツリアブ

鳥たちは常連ばかり。皆、のんびりした雰囲気の中、ハクセキレイだけは縄張りを主張し合って盛んに追いかけ合っていました。ツグミはまた見かけても今季はもうこれで撮り納めにします。
カワアイサ  ハクセキレイ  イソシギ

モズ  シジュウカラ  ツグミ  

そろそろ夏鳥が見たくなってきました。

4月13日  桜、そして・・・

天気:晴後一時曇 最高気温:18.9度 最低気温:6.3度

錦町公園のエドヒガンザクラ。日に日につぼみが膨らんできていたので、今日あたり開いた花がないかと探してみるものの、まだ開花はしていないよう…と思ったら、1房だけ花が咲いているのを発見!でも近寄って見ると、この枝、折れて垂れ下がってしまっています。もしかしたら危機感を感じてこの枝の花だけが他より先に花を開かせたのかもしれません。
エドヒガンザクラ

園内には相変わらずツグミの姿が。今日は複数いるようです。
ツグミ

木陰にいるツグミにレンズを向けてみると、体色が暗い。シロハラか。でも何か雰囲気が違う。これは…クロツグミ!私はこれまで春の蔵王でしか見たことがありません。こんなところで会えるとはラッキーです。
クロツグミ  クロツグミ

じっと待っていると日向の近くまでやってきました。でもちょうど境目あたりを行ったり来たりしてなかなか日向に出てきてくれません。見ると背面の黒と腹部の白の強いコントラストがちょうど日向と日陰の境界に溶け込んで保護色になっているように見えます。クロツグミはそれが分かっていてそこにいるように思えました。
クロツグミ  クロツグミ

もう少し粘りたかったのですが、通勤途中の人が通りかかり、ツグミもろとも飛び立ってヒマラヤシーダーの中に隠れてしまいました。そろそろこちらも職場に向かわなければ。ということで残念ながらここまで。

4月10日  錦町公園・勾当台公園

天気:晴後薄曇 最高気温:14.2度 最低気温:3.9度

通勤途中の道端でスミレを発見。
スミレ

錦町公園ではスイセンが咲きそろいました。
スイセン  スイセン

勾当台公園の石垣からはツクシが顔をのぞかせはじめました。
ツクシ  ツクシ

春です。

4月8日  太白山

天気:晴 最高気温:10.1度 最低気温:-0.6度

春を探しに太白山へ。駐車場で車から降りると早速ウグイスが出迎えてくれました。別の場所からはきれいなホーホケキョというさえずりも。
太白山  ウグイス  

自然観察センターまでの道の脇にはオオイヌノフグリやフキノトウが。
オオイヌノフグリ  フキノトウ

ちょっぴりですが虫たちにも会えました。フキの花には小さな甲虫が歩き回っていました。また池にはアメンボの姿も。沢ではヤゴも見つけました。
小さな甲虫  ナミアメンボ  サナエトンボの仲間のヤゴ

キクザキイチゲやスゲの仲間など、早春の花もようやく咲き始めました。どの花も春を待ちに待っていたようで、実に華やかですがすがしく見えます。
ヒメカンスゲ  アズマスゲ  ヨゴレネコノメ

キクザキイチゲ  キクザキイチゲ  アズマイチゲ?

途中、なかなかカタクリの花に出会えなかったのですが、最後に寄った蝶の原野で、たくさんのカタクリがそよ風に揺れている様子を楽しむことができました。
カタクリ  カタクリ  カタクリ

4月7日  藤塚地区

大沼周辺を見た後、市の南東の端、名取川河口に近い若林区の藤塚地区に行ってみることにしました。もちろん震災後初めてです。住宅の基礎しか残っていない間の道を進み、川の堤に出てみると、以前は貞山堀の両側に立派な松が立ち並び、周囲を見通すことはできなかったのですが、すっかり荒涼とした風景に変わってしまい、海まで直接見通せるようになってしまっています。
貞山堀  太平洋

ショックを受けながらも河川敷に下りて周辺を観察することに。この日は気温はあまり上がらず風が非常に強かったのですが、それでも日差しはあったので、ナナホシテントウが飛んで来てノボロギクのすぐそばに着陸しました。
ノボロギク  ナナホシテントウ

川の方に進んでいくと足元の感覚がふわっとします。ここもすっかり海砂に覆われていて、時折ここまで潮が来るのでしょうか、水がたまっている場所もあります。干潟のような感じです。
河川敷の様子  名取川  仙台空港に着陸する旅客機

川沿いに少し歩いてみましたが、葦原でホオジロかオオジュリンらしき鳥を見かけたものの確認できず。キジの鳴き声が聞こえてきましたがこちらも姿は発見できませんでした。ようやく見つけたのはツグミとハクセキレイくらい。風がますます強くなってきたのでそろそろ引き上げることにしました。
葦原  ツグミ  ハクセキレイ

車に戻るため堤を登ろうとすると、その斜面に紫色の花がたくさん咲いていました。ホトケノザです。以前からこのあたりにこんなに生えていたのか記憶がありません。幻想的にさえ見えます。津波で失われた多くの生命が姿を変えているようにも思えました。
ホトケノザ  ホトケノザ  
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR