10月15日  蒲生 その1

天気:晴一時曇 最高気温23.5度 最低気温:11.3度

蒲生休暇をとりました。遠出をしたいという気もありましたが、最近は土日にサーファーで混雑する蒲生をゆっくり見たいと思い、東へ。着いてみると、かなりの数の車が。平日なのに、なんでこんなにいるんだろう。(他人のことは言えないけど。)などと思いながら活動開始。

堤防を七北田川の河口の方に歩いていくと、すぐ目の前にイソシギ(⇒キアシシギに訂正)が佇んでいました。じっとしていて色も周囲と同じようだったので、気づいた時にはすでにすごく近かったのですが。あちらは全く動く気配なし。静かにカメラを構え、何枚か写真を撮らせてもらった後、後ろを回ってさらに進みます。
干潟の様子  イソシギ⇒キアシシギに訂正

河口まで出ると、崩れた堤防の一部か何かにダイサギやウミネコがとまっています。また河口の中州にもウミネコの群が。
ダイサギ  ウミネコ  中州のウミネコたち

実は9月30日の夜に通過した台風17号の影響で、日本の太平洋沿岸にクロハラアジサシという鳥がたくさん来ていたようです。私の図鑑には「旅鳥で稀」と書いてあるので、珍しいことのようなのですが、この蒲生やちょっと内陸の沼などでずいぶん見られたようです。でも土日は気が進まず、そのまま2週間が過ぎ、さすがにもういないだろうと思いながら河口を眺めていました。すると・・・、
クロハラアジサシ  クロハラアジサシ  クロハラアジサシ

カモメの仲間とはちょっと違うシルエットの鳥が。おーっ、クロハラアジサシです。まだいてくれました。アジサシ自体、初見なのですが、もっとスイスイ飛ぶのかと思ったら、意外にフワフワした飛び方。最初は1羽だけかと思ったら、3羽確認することができました。
クロハラアジサシ  クロハラアジサシ  クロハラアジサシ

私の身体が堤防で隠れているからなのか、元々あまり人を気にしていないのか、アジサシはすぐ目の前を何度も行ったり来たりしてくれました。残念ながら写真はいまいちでしたが、あまりのかわいさに、水鳥にあまり興味のない私でも一発でやられてしまいました。魚を捕らえるシーンも何度か見せてもらいました。
クロハラアジサシ  クロハラアジサシ  魚をくわえたクロハラアジサシ

蒲生に来て正解でした。

10月14日  広瀬川

天気:晴後曇 最高気温:21.3度 最低気温:10.7度

秋空出かける予定はなかったのですが、天気がよかったので広瀬川をちょっとのぞくことに。愛宕橋に着くとXenaさんご夫婦にお会いしました。郡山堰あたりにサケが来ているとのことなので、それだけでも確認しないと。

でも歩き出すとすぐ、愛宕堰のところでイソシギを発見。そっと近づくと3羽いました。3羽は思い思いに餌を探して歩き回っていますが、油断すると川原の石と見分けが付かなくなったりします。1羽を追ってシャッターを切ってよく見ると、実はもう1羽写っていたりと、楽しませてもらいました。
イソシギ  イソシギ  イソシギ

川をのぞくとあちこちで魚の群が泳いでいます。タモロコとアユが混ざり合ったりもしていました。また岸近くではものすごい数の稚魚がびっしり。この中のどのくらいが成長しきれるのでしょうか。
広瀬川の風景 アユ(主に左下)とタモロコ(主に右上)  稚魚の群

宮沢橋の周辺でボートを楽しむ人、川原で芋煮やバーベキューを楽しむグループの様子などを眺めながら、郡山堰に着きました。水鳥たちを撮りながら、流れを眺めてみますが・・・、サケが見つかりません。しかたなく、さらに進み広瀬橋まで行ってみることに。
コガモ ウミネコ カイツブリ

橋の中央から川を見下ろすと、おっ、いました。数匹のサケが泳いでいます。何回かシャッターを切ってみましたが、肉眼で見えるようには写ってくれません。一度だけ一匹のサケが体を横にして尾びれで川底をならす仕草をしてくれたのですが、写真は間に合わず。その後もしばらく粘ったのですが、それきりでした。サケはまた機会があればねらうことにして、そろそろ引き上げです。
広瀬橋から上流を望む サケ サケ

郡山堰まで戻ってくると、魚道の脇にまたイソシギが。それを撮ろうとしていると上流から何か流れてきました。アユです。婚姻色の出た、いわゆる「さびアユ」です。斜面の途中で止まってしまい、バタバタともがいていましたが、なかなか下まで落ちていけません。イソシギはちょっと興味を示しましたが、自分の餌にはならないと分かったらしく、流れにくちばしを突っ込んで餌を探しながら歩いていきました。
アユ 再びイソシギ

時間を過ぎてしまったので、そのまま帰路に就きましたが、あのアユは流れに戻れたかな。


10月13日  赤沼周辺

天気:晴 最高気温21.4度 最低気温:13.3度

この日は短時間で大沼周辺を一巡。前回と同様、農地の復旧が行われています。道が通行止めにされているとことも多く、車で大沼に近づくのは結構大変。ざっと見た限りではまだあまり水鳥は来ていない模様。ハクチョウもまだきていないようです。
アオサギ

続いて赤沼に移動。こちらでは若干の水鳥の飛来を確認しました。コガモやオナガガモ、マガモもいました。
コガモ  オナガガモ  マガモ

白っぽいおでこが特徴のヒドリガモも発見。撮影していて、目の周辺に緑っぽい色が付いている個体を見つけました。もしかしたらアメリカヒドリとのハーフ?クォーターかな。
ヒドリガモ

少しずつですが、冬の顔ぶれがそろい始めてきました。

10月7日  県民の森 その2

散策路沿いではキツリフネやアザミなどが花を咲かせていました。
キツリフネ  ノハラアザミ  ヤマハッカ    

杉林の中の急な傾斜を歩いていくと、冬鳥のジョウビタキの鳴き声が聞こえてきました。声を頼りに探したのですが、結局、姿は発見できず。残念。
舗装路に出ました。ここはまだ通行禁止の区間ですが、前回来たときには崩れたままだった崖もずいぶん修復が進んでいました。少し離れた杉林からホオジロの集団が顔を出しました。カメラを向けてみるとカシラダカも混ざっています。米粒みたいに小さく、ボケボケでしたが、ようやく冬鳥を撮ることができました。
復旧工事が進む道路  ホオジロ  カシラダカ  

再び脇道に入ります。ここではアキカラマツやオケラ、ツクバネウツギの実など、変わった形の花や実を楽しむことができました。また、秋らしいアキノキリンソウやキバナアキギリもたくさん見かけました。
アキカラマツ  オケラ  ツクバネウツギの実

シソ科だと思うのですが…  アキノキリンソウ  キバナアキギリ    

木や草の実も目立つようになりました。マツブサの実は黒く熟すと食べられるそうです。どんな味がするんだろ。また、ビールに使うホップの親戚のカラハナソウもたくさん実を付けていました。
マツブサの実  ツルリンドウの実  カラハナソウ  

中央記念館はまだ閉館中ですが、こちらも復旧工事がはじまったように見えました。その近くのハギの花にはかなりの数のシジミチョウが集まって来ていました。日陰の地面に真っ白なチョウがとまっていました。ウラギンシジミです。でもこのウラギンシジミはほとんど動くことができず、命を全うする直前でした。
中央記念館  ツバメシジミ  ウラギンシジミ  

イシサワオニグモ  シジュウカラ

季節が秋へと変わっていくことを実感できた散策でした。  

10月7日  県民の森 その1

天気:曇時々晴一時雨 最高気温:23.0度 最低気温:15.2度

まだ気温は平年より高めですが、それでも10月に入り、ようやく秋めいてきました。この日は渡りの夏鳥や気の早い冬鳥に会えるかもと思いながら県民の森へ。まずは池のチェックから。
県民の森

岸をそっと歩いていくとウシガエルを見つけました。15センチくらいの立派な成体のほか、2~3年目の成体、それとカエルになったばかりの幼体もいました。といってもウシガエルはオタマジャクシで冬を越し、翌年の夏に変態するので、これは昨年生まれの子です。
大人のウシガエル  若者のウシガエル  子どものウシガエル

ウシガエルを見ていると、そこにヤマカガシがやってきました。頻繁に舌を出し入れしてにおいを集めています。目の前でヤマカガシがカエルを捕らえるところを見られるかと思ったのですが、そのまま通り過ぎていきました。水面に浮かんだ木の上にはミシシッピアカミミガメが。ウシガエル同様こちらも外来種です。また、上空をノスリがゆっくり通り過ぎていきました。
ヤマカガシ  ミシシッピアカミミガメ  ノスリ

池の周辺ではススキが伸び、サワヒヨドリの花が咲いていました。さて、森に入っていきましょう。
ススキ  PA077988.jpg  フキバッタ

木立に入ってすぐ、コゲラ、エナガ、シジュウカラの混群に出会いました。でも動きが速すぎてよい写真は撮れず。
散策路  コゲラ  エナガ

さらに進むと、イカリモンガが花の蜜を吸っていました。このガは成虫で越冬するので、そのための栄養をつけているのかもしれません。その奥では薮の中でウグイスが動き回っていました。またリスの姿も見ることができました。県民の森では初めてかも。
イカリモンガ  ウグイス  ニホンリス

森の中はキノコがたくさん生えていました。1本ずつ生えるものもたくさん見かけましたが、今回は集団のものを載せることにしました。キノコは名前を調べるのがとても大変なので、今回はパス。
キノコ  キノコ  キノコ


プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR