1月18日  大沼周辺

天気:晴時々曇 最低気温:-2.6度 最高気温:6.2度

この日は恒例の大沼周辺短時間巡回。広々とした田んぼは耕作が終わり、また大型の機械が入って整備をしているようです。
大沼周辺の風景  農業園芸センター

この日は田んぼにやたらトビがいました。左の写真では2羽しか写っていませんが、5羽くらいが並んで休んでいました。ノスリも1羽発見。
トビ  トビ  ノスリ

遠くの田んぼにかなりの数のハクチョウがいましたが、沼にもそれなりの数がいます。コハクチョウがほとんどオオハクチョウはちらほら。まだいるはずのクロツラヘラサギも見つけられず。
コハクチョウ  コハクチョウ  オオハクチョウ(一番奥)とコハクチョウ(手前)

カモ類はオナガガモが多数派。ハクチョウの飛翔を撮ろうと思いましたが、いまひとつ。粘っているうちに時間になってしまい、引上げとなりました。赤沼はまだ工事中なので今回もパス。
オナガガモ  コハクチョウとオナガガモ  コハクチョウ

1月14日  愛宕神社 どんと祭

天気:晴一時曇 最低気温:-3.0度 最高気温:3.0度

(かなり時期遅れになってしまいましたが)この日は市内の神社で正月飾りなどを焼く「どんと祭」の日です。我が家は愛宕神社へ。時刻の関係か、例年より人出は少なめに感じましたが、境内では多くの人が参拝に訪れていました。
愛宕神社  愛宕神社  愛宕神社

「どんと」の火は時折大きな炎を上げ、周りにいる人たちを暖めていました。
どんと祭  どんと祭

1月12日  蒲生 その5

そろそろ引き上げないと。最後に津波ですっかりなくなってしまった元の日和山のあたりから見渡すと、意外にも近くにユリカモメと数羽のミユビシギが。
ユリカモメ  ユリカモメ

ミユビシギ  ミユビシギ  ミユビシギ

車に乗り込もうとすると遠くにヒバリの姿を発見。これを撮ってこの日は終了。
ヒバリ

ちょっと長居をしすぎました。反省。

1月12日  蒲生 その4

ミサゴの食事を見届けた後は、奥の池に移動。でもこの日の池は静かです。遠くにオナガガモの群れが休んでおり、水面にはオオバンが比較的多く浮かんでいます。よく探すとハシビロガモやミコアイサなどもいました。カワセミも飛んで来て近くにとまってくれたのですが、こちらに気付いたのか、あわてて飛んで行ってしまいました。
オナガガモ  オオバン  ハシビロガモ

ミコアイサ  ミコアイサ  スズガモ

河口方面に引き返そうとすると葦原の上でチョウゲンボウがホバリングをしていました。でもずっと後ろ向き。一旦、葦原に降りたチョウゲンボウは駐車場の近くの松の木にとまりました。
チョウゲンボウ  チョウゲンボウ  チョウゲンボウ

しばらくするとまた飛び立ち、ホバリングを始めました。でもやっぱりほとんどが後ろ姿で横向きがせいぜい。その後、場所を移動してしまいました。
チョウゲンボウ  チョウゲンボウ  チョウゲンボウ

1月12日  蒲生 その3

干潟の水際ではダイゼン、ハマシギ、ミユビシギがあっちに行ったりこっちに来たり。ある程度の大きさの群もやって来ました。でも突然。一斉に飛び立ってしまいました。見上げるとミサゴの姿が。
(左から)ミユビシギ、ダイゼン、ハマシギ  (左から)ハマシギ、ダイゼン、ミユビシギ  ミユビシギ(手前)、ハマシギ(奥)

ハマシギ  ハマシギ(主に手前)、ミユビシギ(主に奥)

おかげでようやく立ち上がって移動できます。ミサゴはというと、どうやら捕った獲物をトビに狙われて逃げ回っているようです。追っ手を振り切ったミサゴは正面の松の木に向かって来てとまりました。おっ、ラッキー。
ミサゴ  ミサゴ  ミサゴ

ミサゴは魚を食べ始めましたが、またすぐにトビがやって来てちょっかいを出します。そんな光景が数回は繰り返されました。
ミサゴ  ミサゴ  P1124023.jpg

そのうち、別なミサゴにも餌を狙われる始末。まだ残っている魚をしっかり掴んで追跡者をかわします。獲物の横取りをあきらめたミサゴは別の場所でホバリングしながらまっとうに餌探しを始めました。
ミサゴ  P1124076.jpg  ミサゴ  

どうやら邪魔者はいなくなったようです。この隙に早くご馳走を平らげないと。
ミサゴ  ミサゴ  ミサゴ

ミサゴの追いかけっこを見た後は、奥の池周辺をのぞいてみることに。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR