ある日のハヤブサ

冬のある日のハヤブサの様子です。
この日はまず巣穴近くの木にメスを確認。最初は後ろ向きでしたが、、いつの間にはこっち向きになっていました。
ハヤブサ メス  ハヤブサ メス  ハヤブサ メス

しばらくしてメスが飛び立っていきました。オスはお出かけ中かと思っていたら、巣穴からオスが出てきました。縁まで来ていかにも飛び立ちそうな様子だったので待ち構えていると、こちらも飛んで行ってしまいました。前回はどちらにも会えなかったので、まずは安心。今年も子育ての成功を祈っています。
ハヤブサ オス  ハヤブサ オス

2月14日  広瀬川

天気:曇後一時雪 最低気温:-2.7度 最高気温:2.3度

2週続けて週末は大雪の予報。土日に出かけられないかもしれないので、この日は朝ちょっと早めに家を出て広瀬川をのぞいてみることに。川に着く直前にメスのジョウビタキがひょこっと現れました。写真を撮って気づいたのですが、目の上あたりに怪我をしているようです。何かに襲われたのでしょうか。でもこのジョウビタキは元気に飛び立っていきました。
ジョウビタキ  ジョウビタキ

川に出てみるとすぐ近くに数羽のオオハクチョウとオナガガモがいました。オナガガモはみんなで仲良く水に体を突っ込んでお尻を立てています。まるでシンクロのよう。
広瀬川  オオハクチョウ  オナガガモ  

河川敷におりてみましたが、結構雪が残っていて、通れそうな場所は細い一本道だけ。進んでいくと川面に張った氷の上でユリカモメが休んでいました。
広瀬川 宮沢緑地  ユリカモメ  オオハクチョウ  

郡山堰のところでは3羽のキンクロハジロが盛んに水に潜っていました。ほかの場所のキンクロハジロはのんびり浮かんでいるだけなのに。この3話だけはお腹減ってるのかな。
キンクロハジロ  キンクロハジロ

木流堀との合流点ではオナガガモのほか少数のコガモの姿もありました。ダイサギもいたのですが、すぐに飛び立ってしまいました。
カルガモ(左)とコガモ(右)  ダイサギ

岸でしばらく見ていると、対岸にいたオナガガモがこちらに向かって泳いで来ました。どうやら餌を与えている人がいて、何かもらえるのではと思って近寄って来たようです。するとオス同士でラブラブな感じの2羽がいたのですが(写真右)、突然、つつき合いを始めました。なんだ、睨み合っていたのか。
オナガガモ  オナガガモ  オナガガモ

ユリカモメも何羽かやって来て、こちらの様子をうかがっていました。近くで見られるのはいいのですが、餌目当てで寄って来られるのは、やはりちょっと微妙ですね。岸を移動すると足元近くから1羽の水鳥が対岸に飛び立っていきました。イカルチドリです。驚かせてしまったようです。
ユリカモメ  ユリカモメ  イカルチドリ

おっ、時間切れです。職場に向かわねば。

2月11日  太白山

天気:快晴 最低気温:-2.5度 最高気温:4.3度

週末の大雪から一転、この日は青空が広がる良い天気になりました。こうなるとちょっと出かけてみたくなります。ということで太白山に。ところが太白山は駐車場に入れないほどの積雪量。自然観察センターも真っ白です。まあ、分かっていたことですけど。
太白山 自然観察センター

その先の道路も轍がものすごく深い溝になっています。笊川にかかる小さな橋にさしかかったところで目の前を鳥が通り過ぎ、川に下り立ちました。キセキレイです。私に気付かなかったのか、少しの間すぐそばで歩き回っていましたが、やがてバツが悪そうにその場を離れていきました。
外周道路の積雪の様子  キセキレイ  キセキレイ 

さらに雪道を進んでいくと、道路脇の斜面にホオジロを見つけました。こんな日に出かけてくる人間はいないだろうと油断しているのでしょうか。このホオジロもあまり私を気にしていないようで、すぐ近くで熱心に餌探し。するとその先にルリビタキも現れてくれました。でもルリビタキの方はすぐにどこかに行ってしまいました。
ホオジロ  ホオジロ  ルリビタキ 

ルリビタキがまた来てくれないかとしばらくそこにいたのですが、結局現れず。その代り数羽のカシラダカが通り過ぎていきました。
カシラダカ  飛行機雲

この後、さらに奥に進んでみましたが、収穫はなし。引き返して先ほど鳥たちを見かけたあたりまで戻ってくるとまた鳥の姿が。ホオジロかと思ったのですが、正体はアオジでした。あとから確認するとクロジも混ざっていたようです。そして何といってもこの日はホオジロがフレンドリーでした。
アオジ  クロジ?  ホオジロ

さらに少し粘りましたが収穫なし。どこも雪が深く足が疲れてきたので諦めて撤収することにしました。
ヤマツツジの丘

2月9日  蔵王

天気:雪時々曇 最低気温:-2.6度 最高気温:3.3度

昨日から降り続いた雪は仙台で36㎝を記録し、78年ぶりの大雪だそうです。ということでこの日は全く外に出ませんでした。夕方、ようやく雲も切れ、日も差してきました。周囲が暗くなると蔵王のスキー場に明かりが灯っていました
蔵王  灯りのついたスキー場

2月8日  大沼周辺

天気:曇後大雪 最低気温:-2.5度 最高気温:-4.7度

この日はほぼ月いちの短時間大沼周辺巡回の日なのですが、予報は大雪。案の定出かける頃にはもう降り出していました。気温も全く上がらず最高気温が-2.5度。
大沼  

この日の大沼にはコハクチョウがたくさん。クロツラヘラサギの姿は見当たりません。2回連続で見ていないので、もういなくなってしまったのかと思ったのですが、同じ日にまぐぴさんが水路で見つけていました。
コハクチョウ  コハクチョウ  コハクチョウ

カモ類は少数。ほとんどはマガモです。ハクチョウの足元をハクセキレイが通り過ぎて行きます。雪は見る見るうちに降りが強くなり、風も吹いてきました。ハクチョウも首を体に突っ込んでしまいました。こちらもそろそろ退散しないと。
マガモ  ハクセキレイ  コハクチョウ  

田んぼもすでに白一色の雪景色です。
大沼周辺の田んぼの雪景色  

あぜ道の枯草にホオジロの小さな群がとまっていました。ノスリが近くに飛んできてくれましたが、すぐにカラスにちょっかいを出され、飛び立ってしまいました。撮れたのは草被りの絵のみ。車での帰り道、かなりの数のヒバリの群に出会いました。慌てて写真を撮ったのですが、レンズが曇っていたのに気づかず、補正しても白黒写真のようになってしまいました。
ホオジロ  ノスリ  ヒバリ
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR