3月17日  広瀬川

天気:晴一時薄曇 最低気温:1.2度 最高気温:11.5度

前日に続き最高気温が二けたの穏やかな日となりました。週末に車で宮沢橋を通り過ぎたとき、川沿いの遊歩道の通行禁止が解除されていたようだったので、この日は出勤前に広瀬川をのぞいてみました。するとやはり遊歩道の整備が終わっており、久しぶりに右岸が歩けるようになっていました。しかも川側が以前よりずっと歩きやすくなっています。
広瀬川  改修工事が終わった遊歩道  トビ

川には、渡りの途中なのか、数は多くないもののコガモやキンクロハジロ、ホシハジロなどが見られました。
コガモ  キンクロハジロ  ホシハジロ

宮沢橋から郡山堰、木流堀の下流にかけてはオオハクチョウやユリカモメがまだ結構な数でいます。
ユリカモメ(手前)とオオハクチョウ(奥)  ユリカモメ  オオハクチョウ

木流堀との合流地点ではコサギとユリカモメがツーショットでいましたが、すぐにコサギがユリカモメを追っ払ってしまいました。コサギって案外気が強いんだ。
コサギ(手前)とユリカモメ(奥)

3月15日  追廻 その2

元の住宅地に移動します。造成工事はさらに進み、土を積み上げた場所などもあります。そのうちに全面通行禁止になってしまうのでしょうか。さびしいです。でも枯草の残っているところではツグミが元気に歩き回っていました。ネコはのんびり日向ぼっこ。
元の住宅地の様子  ネコ  ツグミ

空き地を一回りして川岸近くを戻っていくと河川敷の木にベニマシコの群を見つけました。しばらく見ているとこちらの岸に移動してきました。少しずつ近づいていきます。
ベニマシコ  ベニマシコ  ベニマシコ

ボケの木にとまり、芽をついばみ始めたようです。さらに慎重に間合いを詰めていきます。幸いなことに餌に気をとられていたのか、私の存在をほとんど気にせず、かなり近くに寄らせてもらいました。最初は全部メスかと思ったのですが、よく見ると1羽は若いオスのようで、ほのかに色づいていました。
ベニマシコ  ベニマシコ  ベニマシコ 

こちらはメス。とても可愛いです。
ベニマシコ  ベニマシコ  ベニマシコ

それにしても撮った写真のうち、かなりの枚数が、餌をくわえている場面でした。食欲旺盛ですね。
ベニマシコ  ベニマシコ  ベニマシコ

その後カワラヒワの群や木立のツグミなどを見ながら、この日は終了。
カワラヒワ  ツグミ

3月15日  追廻

天気:晴時々曇一時雪 最低気温:-0.4度 最高気温:8.3度

朝晩の冷え込みはまだ厳しいですが、日中の最高気温は少しずつ上がってきているようです。この日は午後から追廻へ。日陰では数日前に降った雪がまだところどころ残っています。道沿いのアオキの実はほのかに色づき始めていました。
追廻  追廻  アオキ

一番奥手の場所では数羽のシジュウカラがじゃれ合うように飛び交っています。とまった下に引っかかっているのはモミジバフウの葉。そういえば今季はまだモミジバフウの実を見ていなかったので、地面を探し早速パチリ。日当たりのよい場所では1つだけフキノトウが顔を出していました。
シジュウカラ  モミジバフウの実  フキノトウ

広瀬川はこのところの雪のせいか水量が豊富。下流のかなり遠くに水鳥が集まっていました。キンクロハジロかと思ったのですが、拡大してみるとカワアイサでした。北に帰る相談でもしてるのかな。手前ではマガモが羽繕い中でした。
広瀬川  カワアイサ  マガモ

ウメの木の中に鳥影を見つけました。逆光の状態から見える位置に回り込んでみるとベニマシコでした。でもこのオス1羽だけのようです。
トビ  ベニマシコ  

さて、元の住宅地の方をのぞいてみますか。


3月12日  ウメ開花

天気:雨一時曇 最低気温:1.3度 最高気温:4.2度

朝の錦町公園。最近、ウメのつぼみが大きく膨らみ始めていました。そろそろ咲いていないかと探すと1輪だけ開いているのを見つけました。
錦町公園  ウメ  ウメ

芝生の上では相変わらずツグミたちがいます。
ツグミその1  ツグミその2

2羽が徐々に接近していったと思ったら、突然バトルを開始。餌場争いでしょうか。鳥の世界も大変です。
険悪な雰囲気の2羽  バトル勃発!

3月9日  四方山 その3

さて、再びイスカのいる場所へ。食事の様子をじっくり観察させてもらいました。彼らの主食は松の実なのですが、木になっている松ぼっくりから直に実を取り出すのではなく、まず松ぼっくりごと枝からもぎ取って別な場所へ移動します。
イスカ  イスカ  

松ぼっくりを両足で抱えるようにして持ちながら枝にとまり、嘴をつっこみ、実を取り出します。こちらはオス。
イスカ  イスカ  イスカ  

イスカ  イスカ  

メスの様子。
イスカ  イスカ  イスカ
  
こうした作業がやりやすいように、嘴の先は「やっとこ」のように内側に曲がっており、しかも左右にずれていて、ピタッと噛み合わない形になっています。なかなかユニークな鳥です。
イスカ  イスカ  イスカ

あまり警戒心が強くなかったので、しばらく一人でいたら目の前で食事シーンを見せてくれました。来てよかったです。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR