SENDAI光のページェント

今年も残りわずかとなりました。今年は大雪や地震、大雨による洪水や土砂崩れなど、各地で自然災害が多発した一年でした。
1_20141226072722860.jpg  光のページェント  光のページェント

でも仙台は2月の大雪があったものの、比較的おだやかな一年だった気がします。私も思いどおりといかないまでも、いろいろな生き物に出会うことができた一年でした。
光のページェント  光のページェントとシンボルツリー  勾当台公園

どうか皆様が安らかな気持ちで新しい年を迎えられますように。
勾当台公園  光の天使  シンボルツリーと天使

12月13日  太白山

天気:曇時々晴一時雪 最低気温:‐1.1度 最高気温:5.1度

朝。西方に見える大東岳や蔵王連峰はすっかり雪化粧していました。
大東岳  蔵王連峰  蔵王連峰

この日は太白山へ。まずは山を望む池の定位置から一枚。
太白山

池にはキンクロハジロやホシハジロ、マガンなどが遠くに浮かんでいます。
キンクロハジロ  ホシハジロ  カワウ(左)、マガモ(右)

比較的近くでベニマシコの鳴き声が聞こえてきました。声を頼りに探してみると、堤の茂みに姿を発見。つづいて池の岸から生えている木にカシラダカの集団がとまってくれました。幸先いいかも。
ベニマシコ  カシラダカ  カシラダカ

ところが太白山は静かなもの。うっすら色が残るアジサイや枝だけとなった木立に吹く風も寒々としています。ようやくヨシの湿地でヤマガラやエナガの混群に出会い、それを見ていると、目の前にルリビタキのメスがとまりました。あわててレンズを向けましたが近すぎるのかピントが合わず。何度かトライしているうちにどこかに飛んで行ってしまいました。くやしー。
自然観察センター  アジサイ  太白山

気を取り直していつものコースを歩き始めましたが、生き物には全くと言っていいほど会えません。仕方がないので目についた植物の実などを撮りながら進んでいきました。それでもノササゲをはじめ、夏の間には気が付かなかった場所で意外な植物を見つけることもできたので、それなりに楽しかったです。
ノササゲの実  サルトリイバラ  ヤブムラサキの実  

サワアザミの実  ハンショウヅルの実   

結局、生き物には出会うことなく折り返して、またアシの湿地まで戻ってきてしまいました。ここではまたコゲラやシジュウカラなどの混群が出迎えてくれましたが、ルリビタキの再登場はありませんでした。とういうことで時間切れです。
散策路  コゲラ  シジュウカラ

帰り道でトビとバトルしている猛禽を発見しました。姿からはオオタカっぽかったのですが、きちんと確認はできませんでした。うーむ、全体的に物足りず。
オオタカ?

12月10日  東北大学農学部

天気:曇一時晴 最低気温:2.5度 最高気温:8.0度

12月に入り、通勤時に寄っていた錦町公園はや勾当台公園は光のページェントの会場や工事事務所になってしまい、さらに錦町公園のヒマラヤシーダーが数本切り倒されてしまいました。隣接しているホテル仙台プラザ跡地でいよいよNHKの新社屋工事が始まるのでしょうか。鳥たちが落ち着いていられる雰囲気ではないので、この日の朝は東北大学農学部をのぞいてみることに。木々がまとまって生えている中を歩いていくと小鳥が地面から木の枝に移りました。アオジです。さらに構内を歩いていきます。
アオジ  カリン?  ?

1羽の鳥がひょこっと地面に現れました。一瞬カシラダカ?と思ったのですが、こちらもアオジでした。写真を撮っていると、その向こうにツグミが出現。
アオジ  アオジ  ツグミ

ツグミにレンズを向けていると今度はすぐそばにシジュウカラがやって来ました。ちょっと離れていますがなんとかツーショットもゲット。するとさらに同じ場所にジョウビタキが。
シジュウカラ  ツグミとシジュウカラ  ジョウビタキ

あわててシャッターを切っていると、またまたそこへアオジがやって来て…。ツーショットはアオジが枝に隠れてしまいました。残念。短時間にあわただしく鳥が入れ替わったので結構疲れました。その後はムクドリの小さな集団を見つけたくらいでしたが、なかなか楽しい朝のひとときでした。
ジョウビタキとアオジ  ムクドリ  ナンテン

12月7日  道端の雑草

大沼から帰り、所用のために近所を歩いていると日当たりのよい道端に小さな花たちを見つけました。まずはマメ科のカスマグサ、続いて冬でも見かけるハキダメギク、一見タネツケバナかと思った小さなアブラナ科の草はよく見ればナズナでした。実もつけています。紫色の可愛い花はツタバウンラン。この寒さの中、けなげに咲いている花を見ていると、なんともいとおしく感じますね。
カスマグサ  ハキダメギク  ナズナ

ツタバウンラン

12月7日  大沼  

天気:晴 最低気温:-1.2度 最高気温:5.2度

前日に撮ったアジサシ風の鳥の正体を確かめたくて、この日も大沼へ。沼への途中、ノスリが電線で獲物探しをしていました。
大沼周辺  ノスリ

大沼に到着。沼の向こうに見える農業園芸センターの大温室は解体工事が終わり、もう影も形もありません。昨日同様、湖面にはオナガガモたちが浮かんでいます。ミコアイサもいました。ハクチョウたちはこの日は比較的まとまっていました。
大沼  オナガガモ  ミコアイサ  

オオハクチョウ、コハクチョウ  コハクチョウ

上空を気にしながらしばらく待ってみましたが、昨日見た鳥は訪れる気配なし。代わりにミサゴが飛んできてくれました。逆光の位置でしたが、ときおりホバリングなどもしながら、楽しませてもらいました。
ミサゴ  ミサゴ  ミサゴ

するとミサゴは獲物を見つけたのか急降下。カメラはその様子をうまく追い切れませんでしたが、ミサゴの方は見事大きな魚を捕まえて飛んでいきました。
ミサゴ  ミサゴ  ミサゴ

ハクチョウたちの動きが活発になってきました。数羽の編隊で飛び立ったり、上空を通り過ぎたり。また、オナガガモが何かに驚いたのか、一斉に飛び立つ場面もありました。
コハクチョウ  オオハクチョウ  オオハクチョウ

オナガガモ  大沼

水面をのんびり見ていると、オナガガモの中にカンムリカイツブリを見つけました。
カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ

さらにもう1羽発見。夏に繁殖した個体なのか、どこかからかやってきた別の個体なのか、いずれにしろ、いてくれるのは嬉しいことです。
カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ

結局、前日の謎は解けずじまいでした。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR