2月14日  市外某所

蒲生でコクガンに振られた後、若干長距離を移動して、ある場所の状況を確認に。お目当ての鳥はいませんでしたが、シメやツグミ、ヒヨドリなどがいました。また、上空をオオタカらしき鳥が旋回していました。
シメ  オオタカ?  オオタカ?

その後はさらにある里山を目指しましたが、道の途中で残雪が多くなり、上るのを断念することに。その場で若干周囲を散策すると斜面にオオマシコを見つけたのですが、枝が邪魔して何が何だか分からない写真しか撮れませんでした。またウソが数羽、近くの枝にやって来ました。1羽は胸がうっすら紅色のアカウソでした。帰りは田園地帯を走り、電柱にとまるノスリや目の前を横切る若いハヤブサなどを見ながら市内に戻ってきました。
オオマシコ  アカウソ  ノスリ

市内の田んぼの電柱に白っぽく見えるノスリがとまっていました。気になったのでUターンし、邪魔にならない場所に車をとめて近づいていきました。すると突然チョウゲンボウが飛んできてそのノスリにアタックし、空中戦に。結果はチョウゲンボウが勝ち残り、ノスリはどこかへ飛んで行ってしまいました。でもあとで写真をチェックしたら、普通のノスリだったようです。
ノスリ  ノスリを攻撃するチョウゲンボウ  チョウゲンボウ

2月14日  蒲生

天気:雪一時晴 最低気温:-2.3度 最高気温:3.7度

この日は朝から時間がとれる予定だったので、早めに家を出る予定でしたが、見事に吹雪のような雪。天気の回復を待って動き出したのは結局いつもとあまり変わりませんでした。まずは前回、コクガンを見られなかった蒲生に行ってみました。ところがこの日もコクガンに振られてしまい、浜にはマガンやカワウばかり。水たまりに少数のハマシギがいましたが、サーファーがやって来て逃げて行ってしまいました。
蒲生  マガモ  ハマシギ

この日は風が強く、七北田川の河口では細かい波がたくさん立っていました。その中にユリカモメが漂っています。風に押し寄せられたように、岸にもたくさんのユリカモメがいました。
ユリカモメ  ユリカモメ

コクガンを見ることが主目的でしたので、あとはさらっと見るだけにしました。養魚場への途中ではホオジロの小さな群れに会いました。
ホオジロ  ホオジロ

養魚場に着くと、池の中ほどに櫓のようなものが建っていました。防潮堤工事のために、いよいよ水を抜くか何かの作業が始まったのでしょうか。この風景も間もなく見られなくなるのかもしれません。作業しているからか、水鳥の数は少なかったように思います。アオサギやホシハジロなどがいたほか、ホオジロガモとミコアイサは何故かメスしか見つけられませんでした。
元の養殖場  何かの作業中  アオサギ

ホシハジロ  ホオジロガモ  ミコアイサ

一つ目の目的のコクガンは見事にはずれ。仕方がないのでこの日予定していた次の目的地に向かうことにします。

2月11日  市内某所

天気:子無理一時雨 最低気温:-0.6度 最高気温:7.2度

この日はある場所をチェックするために某所へ。歩き始めるとコゲラやシメが迎えてくれました。
コゲラ  シメ  シメ

残念ながら目当てのものはいてくれませんでしたが、場所の確認と下見は完了。しばらくそこにいると、カケスの鳴き声が聞こえてきました。すると突然眼の前にカケスが。何とかシャッターを切ったのですが、ちょうど枝が被ってしまいました。でもその後、地面のドングリをくわえる姿を見せてもらいました。
カケス  カケス  カケス

さらに同じ場所にアオゲラが。すぐにいなくなってしまいましたが、こちらも何とか撮ることができました。目的のものは次回ということで、また来ることにします。
アオゲラ  アオゲラ  トビ

2月8日  野草園

天気:曇時々雨 最低気温:-3.5度 最高気温3.3度

この日は閉園中の野草園のデッキに、オオタカを見に出かけました。ここは以前、チャンコナベさんに教えていただいた場所です。デッキに出ると遠くにある木から大きめな鳥が飛び立っていきました。もしかして今のがオオタカ?来る時間が遅かったかと後悔しつつも、しばらく待つことに。ここには餌台が備えてあって、すぐ近くまで小鳥たちがやって来ます。しばらくはヤマガラに相手をしてもらいました。
ヤマガラ  ヤマガラ  ヤマガラ

シジュウカラはヤマガラほどフレンドリーではなく、ほとんどはデッキの下の餌台どまり。どちらもヒマワリの種をくわえると枝に移り、無心に殻を割って食べていました。
シジュウカラ  シジュウカラ  シジュウカラ

ふと件の木を見るといつの間にか鳥影が。カメラを向けると…、いました、オオタカです。でもあまり落ち着きがなく枝を移動してしまい、撮影には若干厳しい位置に。そしてほどなく、また飛び立っていってしまいました。
オオタカ  オオタカ

短時間でしたが、ようやくここでオオタカを見ることができました。

2月7日  大沼周辺

天気:晴時々薄曇 最低気温:-3.5度 最高気温3.3度

この日はほぼ月いちの大沼周辺定期巡回。いつものようにまずは赤沼に。到着直前に沼の向こう側の電線にとまっていたチョウゲンボウが飛び立っていきました。
チョウゲンボウ

他にも猛禽のシルエットを発見。でもよく見るとトビでした。池にはダイサギが1羽とオオハクチョウが少数、入っていました。赤沼の方にハクチョウがいるのはちょっと珍しいかも。
トビ  ダイサギ  オオハクチョウ

続いて大沼へ。車を止めようとすると前方の電柱にチョウゲンボウがとまりました。フロントグラス越しですが、なんとか写真を撮ることができました。池はカモ類の数が少し減った印象。ほとんどがオナガガモです。
大沼  チョウゲンボウ  オナガガモ

ハクチョウはこの時間にしては多めに残っていた気がします。
コハクチョウ  オオハクチョウ

ミコアイサも相変わらずいてくれました。この日はいつもより若干近めでサービスしてくれたように思います。最初はおでこの辺りが茶色く汚れていました。よっぽど餌を追い回していたのかもしれません。(写真左)
ミコアイサ  ミコアイサ  ミコアイサ(手前)、オナガガモ(奥)

もうそろそろ時間です。池の周囲を一回りして引き上げることに。田んぼの中を走っているとカラスの大群を見つけました。ミヤマガラスです。かなりまとまった数なので、時間をかけて探せば、きっと白いコクマルガラスもいるのではと思ったのですが、すでに時間切れ。残念ながら帰途に就きました。
ミヤマガラス  ミヤマガラス  ノスリ  
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR