3月13日  トウホクサンショウウオ その2

1箇所目で成体を2匹も見ることができたので、気を良くしてさらに別の場所に。春の兆しを感じながら散策路を奥へ。
セリバオウレン  カタクリ  ショウジョウバカマ
セリバオウレン/カタクリ/ショウジョウバカマ

さて、沢に着いてみると昨年の大雨のせいかずいぶん様子が変わってしまい、いつも卵を見つけた場所がどこなのかよく分かりません。それでもしばらくすると卵がある程度まとまって産み付けてある場所を見つけました。淀みの中を探すと…、おっ枯葉の間に成体発見。
トウホクサンショウウオの卵のう  トウホクサンショウウオの卵のう  トウホクサンショウウオ
トウホクサンショウウオの卵のう/トウホクサンショウウオ

姿を見失ってしまったかと思ったら、別の場所にもう1個体。比較的撮影しやすい場所にいてくれたので急いでパチリ。その後、こちらの個体も枯葉の下にもぐり込んでいってしまいました。
トウホクサンショウウオ  トウホクサンショウウオ  トウホクサンショウウオ
トウホクサンショウウオ

トウホクサンショウウオ  トウホクサンショウウオ
トウホクサンショウウオ

一日でこれほどの成体を見ることができたのは初めてです。街なかからそれほど離れていない場所でこんなふうにサンショウウオに会えるとは、仙台が自然に恵まれていることを実感します。
キノコの仲間  ヒカゲノカズラ
キノコの仲間/ヒノキゴケ?

3月13日  トウホクサンショウウオ

前日に卵は確認できましたが、やはりできれば成体が見たい。ということでこの日も青葉山へ。
青葉山  アトリ  フキノトウ
青葉山/アトリ/フキノトウ

前日とは違う場所の小さな水たまりをのぞくと卵のうを発見。その近くに成体がいないかとしばらく粘るも姿なし。しかたなく場所を変えようと振り返ると細い水路に動くものが。おーっ、トウホクサンショウウオです。その後、もう1匹見つけることができました。
トウホクサンショウウオの卵のう  トウホクサンショウウオ  トウホクサンショウウオ
トウホクサンショウウオの卵のう/トウホクサンショウウオ

さらに奥の沢を見てみましたが、そこでは卵も確認できず。流れの中に珪化木がありました。
珪化木  
珪化木

3月12日  青葉山 その2

散策路を登っていくと、ほどなくカタクリの芽が次々と道の両脇に姿を現しました。つぼみを伸ばしている株もなんとか確認。でも花が咲くのはもう少し先のようです。さらに進むと道沿いにセリバオウレンが咲き始めていました。
散策路  カタクリ  セリバオウレン
青葉山/カタクリ/セリバオウレン

木立の地面から数羽の鳥が飛び立ちました。ウソです。春が近くなってようやくの初見でした。そして今回のメインのトウホクサンショウウオですが、いつもの沢にほとんど水がありません。なんとか卵のうを見つけたものの、成体の姿はなし。
ウソ  トウホクサンショウウオの卵のう  トウホクサンショウウオの卵のう
ウソ/トウホクサンショウウオの卵のう

その後もいくつか沢を見て回りましたが、卵のうや成体を見ることはできませんでした。いつもフキノトウが早めに出る東屋の脇で春の訪れを感じ、この日は終了。
散策路  アオキ  フキノトウ
散策路/アオキ/フキノトウ

それにしても沢の水が少ないです。この冬は雪があまり多くなかったので山に水分が足りていないのかもしれません。見つけた卵も無事育つのか心配です。

3月12日  青葉山

天気:晴一時薄曇 最低気温:-2.5度 最高気温:8.6度

まだ冬鳥に未練がないわけではないのですが、もう季節も移り始めています。となると私としてはこの時期でないとなかなか見ることができないものを見ておかないと。ということでこの日は青葉山へ。まずはちょっと手前の三居沢に寄ってみました。ここには日本で最初の、そしてまだ現役の水力発電所があります。水路沿いには桜並木がありますが今はまだウメやマンサクが咲いているのみ。
三居沢発電所、電気百年館  水路の風景  マンサク
三居沢発電所、電気百年館/水路の風景/マンサク

その奥の三居沢不動尊では真冬には滝の下にあるお不動さんが氷に覆われてしまうのですが、この日はもうほとんど氷が付いていませんでした。青葉山の上り口へ向かう途中で不意にシロハラが飛び立ち、木の上にとまりました。
三居沢不動尊  三居沢不動尊  シロハラ
三居沢不動尊/シロハラ

シロハラを一度見失ったのですが、あきらめて歩き始めるとすぐにまた地面に下りてきました。写真を撮っているとシジュウカラやツグミも近くにやって来ていました。道路際でしたが、餌になるようなものが多いのかもしれません。
シロハラ  シジュウカラ  ツグミ
シロハラ/ツグミ/シジュウカラ

では山に登っていくことにしましょう。

3月5日  大沼・赤沼周辺

天気:曇時々晴 最低気温:0.2度 最高気温:9.6度

この日はほぼ月いちの大沼周辺短時間巡回。周辺の田んぼではカルガモが落穂拾いをしています。まずは赤沼へ。水はほとんどない状態になっています。
田んぼとカルガモ  赤沼  
田んぼとカルガモ/赤沼

池で見られたのはコガモくらい。水が干上がっている場所ではツグミが餌探しをしていました。
コガモ  コガモ  ツグミ
コガモ/ツグミ

車を降りてみると田んぼの畔にヒメオドリコソウやオオイヌノフグリが咲いていました。地面にいくつも開いているのはハタネズミの巣穴?
ヒメオドリコソウ  オオイヌノフグリ  ハタネズミの巣穴
ヒメオドリコソウ/オオイヌノフグリ/ハタネズミの巣穴

つづいて大沼へ。向こう岸の田んぼにはミヤマガラスの群が。池を見渡すと鳥の数はずいぶん少なくなりましたが、遠くにコハクチョウがある程度まとまって泳いでいました。
大沼  ミヤマガラス  コハクチョウ
大沼/ミヤマガラス/コハクチョウ

カモ類はほぼハシビロガモのみ。相変わらず水面に顔を突っ込んでグルグル泳ぎ回っています。近くの木にジョウビタキが止まっていました。そろそろみんな北に旅立っていくのでしょうね。
ハシビロガモ  ハシビロガモ  ジョウビタキ
ハシビロガモ/ジョウビタキ
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR