9月3日  猪苗代 その2

天気:晴 最高気温:28.8度 最低気温:22.6度(いずれも仙台のデータ)

猪苗代で一泊した朝、またまた散策をしました。木々は実を付け、秋の気配を感じます。
磐梯山  カンボクの実  クリ
磐梯山/カンボクの実/クリ

小さなチョウが足元にとまりました。ベニシジミですが、羽はボロボロになり、鱗粉もほとんど残っていません。でもこうして生きているチョウを見るととてもいとおしく感じます。また、マユタテアカネやマイコアカネがいましたが、撮れたのはマユタテアカネのみ。クズの葉っぱの上ではオオカマキリが獲物を物色していました。
ベニシジミ  マユタテアカネ  オオカマキリ
ベニシジミ/マユタテアカネ/オオカマキリ

高い木のてっぺんではホオジロが囀っていました。そこにエナガの小さな群が通り過ぎていきます。また、宿の周囲ではリスも何度か姿を見せてくれました。
ホオジロ  ニホンリス  エナガ
ホオジロ/ニホンリス/エナガ

この日は大内宿に寄って仙台に帰りました。大内宿のお店の軒先にハチの巣があり、ハチたちが一生懸命に働いていました。
大内宿  キアシナガバチ
大内宿/キアシナガバチ

9月2日  アクアマリンいなわしろカワセミ水族館

猪苗代への旅行では、五色沼に寄った後、アクアマリンいなわしろカワセミ水族館に行きました。以前は公営だったと思うのですが、アクアマリンふくしまの運営団体が引き継いだようです。施設はあまり大きくありませんし、巨大水槽があるわけでもありませんが、地域の魚や外来魚、サケ・マスの仲間や両生類、水生昆虫などが興味深く展示されており、非常に好感を持てました。なかでもゲンゴロウの展示に力を入れているらしく、大きなナミゲンゴロウから1~2ミリの小さなゲンゴロウまで、こんなにたくさんの種類があるのかと驚くくらいの展示数です。流行りの水族館とはちょっと違うかもしれませんが、個人的にはまたじっくり見てみたいと思う施設でした。

在来種や外来種から。
メダカ  太平洋型陸封イトヨ  二ホンウナギ  
メダカ/太平洋型陸封イトヨ/ニホンウナギ

オオヨシノボリ  ウグイ  ウチダザリガニ  
オオヨシノボリ/ウグイ/ウチダザリガニ(外来種)

サケ・マスの仲間から。
ニッコウイワナ  オショロコマ  ビワマス
ニッコウイワナ/オショロコマ/ビワマス

生物多様性のコーナーから。トノサマガエルは仙台には分布していないので、こんなところで見られるなんてちょっとうれしい。
二ホンアマガエル  トノサマガエル  トウホクサンショウウオ
青いニホンアマガエル(黄色色素欠損個体)/トノサマガエル/トウホクサンショウウオ

いわゆる冬虫夏草の展示も豊富。右の写真はトンボに寄生しているヤンマタケ。
(ナミ)ゲンゴロウ  コオイムシ  ヤンマタケ
(ナミ)ゲンゴロウ/コオイムシ/ヤンマタケ

企画展として世界のカブトムシ、クワガタムシも展示していました。こちらもかなり種類が豊富でした。
コーカサスオオカブト  エラフスホソアカクワガタ  アヌビスゾウカブト
コーカサスオオカブト/エラフスホソアカクワガタ/アヌビスゾウカブト

9月2日  猪苗代

天気:曇り時々晴 最高気温:28.9度 最低気温:21.9度(いずれも仙台のデータ) 

休みを取って家族旅行に出かけました。宿は猪苗代町なのですが、途中、五色沼に寄って景色を楽しみました。
五色沼  五色沼  五色沼
五色沼

沼の周辺ではミゾソバが咲き、赤トンボが舞っていました。
ミゾソバ  アキアカネ  クルマバッタモドキ
ミゾソバ/アキアカネ/クルマバッタモドキ

宿に着いてから少し時間がとれたので周辺を散策してみることに。ソバ畑ではちょうど花が満開の時期でイチモンジセセリやハナムグリなどが花に集まっていました。
コアオハナムグリ  イチモンジせせり  アオイトトンボ
コアオハナムグリ/イチモンジセセリ/アオイトトンボ

田んぼの畔を歩いていくとエンマコオロギが現れました。また、小さな用水路沿いにツリフネソウが咲いており、アブが飛んできていました。
ホンクロボシカニグモ  エンマコオロギ  ツリフネソウ、ホソヒラタアブ
ホンクロボシカニグモ/エンマコオロギ/ツリフネソウ、ホソヒラタアブ

杉林の脇ではマメ科の花やワレモコウが咲いていました。
ヤブマメ  ツルフジバカマ  ワレモコウ
ヤブマメ/ツルフジバカマ/ワレモコウ

9月1日  通勤途上にて

天気:晴 最高気温:29.9度 最低気温:22.3度

この日も通勤途上で見かけたものを。建物の壁に小さな甲虫がとまっていました。どうやらゴミムシダマシの仲間のようです。仙台駅の近くでは街路樹から下草刈りからのがれたキカラスウリの実が下がっていました。イチョウは今年もたくさんの実を付けています。
カクスナゴミムシダマシ  キカラスウリの実  イチョウの実
カクスナゴミムシダマシ/キカラスウリの実/イチョウの実

錦町公園では若いシジュウカラの集団が木から木へ移動していました。また、勾当台公園では小さなイトトンボに出会いました。
シジュウカラ  シジュウカラ  アジアイトトンボ
シジュウカラ/アジアイトトンボ 

8月31日  通勤途上にて

天気:晴時々曇 最高気温:29.0度 最低気温:21.0度

朝、猛禽の鳴き声が聞こえたかと思ったら、上空をハヤブサが通り抜けていきました。
ハヤブサ
ハヤブサ

一度涼しくなる兆しもあったものの、この日も30度近い暑さ。それでも身近な草木を見ると次の季節の準備が始まっていました。エゴノキにはたくさんの実が下がり、街路樹のヤマボウシの実も色づき始めています。
エゴノキの実  ヤマボウシの実  ノゲシ
エゴノキの実/ヤマボウシの実/ノゲシ

ガスサロンのムべの実も大きくなってきています。チョウセンアサガオも花はすっかり終わり、イガイガの実ができていました。また、ヨウシュヤマゴボウもブドウのような房をたくさん下げています。でもこれには毒があるので要注意。
ムベの実  チョウセンアサガオの実  ヨウシュヤマゴボウの実
ムべの実/チョウセンアサガオの実/ヨウシュヤマゴボウの実

錦町公園のヒマラヤシーダーにもたくさんの実が付いていました。人が多く行き交う歩道の脇で頑張っているナガコガネグモもだいぶ大きく育ってきました。毎日様子を気にしているのは私ぐらいだろうな。
ヒマラヤシーダーの実  ナガコガネグモ  ヒメハサミツノカメムシ
ヒマラヤシーダーの実/ナガコガネグモ/ヒメハサミツノカメムシ 
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR