2月5日  県南沿岸部

天気:雪後晴 最低気温:0.2度 最高気温:5.6度(いずれも仙台のデータ)

この日は県南の沿岸部を巡ってみることに。防潮堤から岸壁から海を眺めると遠くにウミアイサの姿が。カンムリカイツブリも数羽浮かんでいます。
ウミアイサ  カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ
ウミアイサ/カンムリカイツブリ

海に突き出た岸壁を進んでいくとスズガモがオスメス1羽ずつ。
スズガモ  スズガモ  スズガモ
スズガモ

カイツブリの仲間はカンムリカイツブリだけでなくミミカイツブリやハジロカイツブリも。
ミミカイツブリ  ハジロカイツブリ  ハジロカイツブリ
ミミカイツブリ/ハジロカイツブリ/ハジロカイツブリ

スズガモやハジロカイツブリの向こうに1羽の黒い鳥を見つけました。クロガモのようです。沖合の方に20羽弱の群もいました。群の1羽が海に潜るとほかもそれに続き、みんないなくなったかと思うとまた浮かんできます。
スズガモ、ハジロカイツブリ、クロガモ  クロガモ  クロガモ
(手前から)スズガモ、ハジロカイツブリ、クロガモ/クロガモ

群がだんだんこちらに近づいてきているようだったので、しばらく様子を見てみることにしました。

ハギマシコ

ハギマシコの情報をいただき某所へ。数十羽の群とのことで、早速あたりを見回すと・・・ムクドリ。おっ、あの群は・・・なんだスズメか。着いた時にいた数人のカメラマンもいつのまにかいなくなってしまいました。群は移動してしまったのかも。
蔵王連峰  ムクドリ  スズメ
蔵王連峰/ムクドリ/スズメ

それでもあきらめきれずに周囲をふらふらしてると斜面に2羽の鳥影が。おー、いましたハギマシコです。群ではありませんが、この2羽、群からはぐれているだけあって(?)、のんびり屋なのかあまり警戒心がありません。少しずつ近寄っても逃げる気配なし。
ハギマシコ  ハギマシコ  ハギマシコ
ハギマシコ

結果的にかなり近くからパチリできました。
ハギマシコ  ハギマシコ  ハギマシコ
ハギマシコ

熱心に地面を探して落ちている草の実をついばんでいます。崖地や法面などを好むようで斜面に細い足を踏んばって立つ姿がとても可愛かったです。
ハギマシコ  ハギマシコ  ハギマシコ
ハギマシコ

2月4日  大沼周辺

天気:晴時々みぞれ一時雪 最低気温:3.1度 最高気温:11.0度

この日は定例の大沼周辺短時間巡回。2月に入り沼にいた水鳥たちも移動を始めたのか、数が減ってきており、残ったカモたちは種類ごとに固まっています。
大沼  マガモ  ハシビロガモ
大沼/マガモ/ハシビロガモ

ハクチョウも沼にいたのはごくわずか。陸にいるカワウは時折羽を広げたりしています。ミコアイサは数羽が一定の距離を保って潜水を繰り返しています。
オオハクチョウ  カワウ  ミコアイサ(右)
オオハクチョウ/カワウ/ミコアイサ(右)

ということで、ついシャッターを切るのはミコアイサになってしまいます。正面顔は覆面レスラーみたい。
ミコアイサ  ミコアイサ  ミコアイサ
ミコアイサ

それからこの日は上空をミサゴが行ったり来たりしていました。水鳥が減って魚を狙いやすくなったのでしょうか。
ミサゴ  ミサゴ  ミサゴ
ミサゴ

最後に鉄塔にとまっていたノスリを撮ってこの日は撤収です。
ノスリ  ノスリ
ノスリ

1月31日  通勤途上にて

天気:晴 最低気温:-1.5度 最高気温:4.9度

翌日からは2月というこの日、通勤途上で目にした花たちです。仙台駅近くのオウバイは早くもぽつりぽつりと花を咲かせていました。市中心部の錦町公園ではツワブキが綿毛をまん丸に引広げています。
オウバイ  オウバイ  ツワブキの綿毛
オウバイ/ツワブキの綿毛

園内ではカンツバキの花がたくさん咲いていました。毎年早くから花を咲かせていた東二番丁通のロウバイは年々樹勢が落ちていて今年はつぼみが見当たりません。それでも仙台市役所にあるロウバイはいくつか花を付けていました。少しずつ春が近づいているのかな。
カンツバキ  カンツバキ  ロウバイ
カンツバキ/ロウバイ

1月29日  太白山

天気:曇時々晴 最低気温:-0.5度 最高気温:7.6度

この日は太白山へ。
自然観察センター
自然観察センター

遊歩道脇の地面には霜柱がたくさんできていました。よく見ると氷柱のように浮いたものや、ぐにゃっと曲がっているものなど、いろいろなものがあります。
霜柱  霜柱  霜柱
霜柱

この日もルリビタキねらいだったのですが、目指す相手はなかなか現れてくれません。出会えたのはベニマシコやホオジロでした。また、ミソサザイが動き回っていたのですが、早すぎてきれいに撮れませんでした。
ベニマシコ  ホオジロ  ミソサザイ
ベニマシコ/ホオジロ/ミソサザイ

仕方がないのでセンター裏の餌台のところでしばし休息。餌台には次々に鳥たちが現れて、餌をくわえると木の上に移動してゆっくり味わっていました。
シジュウカラ  ヤマガラ  カワラヒワ
シジュウカラ/ヤマガラ/カワラヒワ

上空をノスリが通り抜けていきます。
スズメ  ノスリ  
スズメ/ノスリ

目当てのルリビタキは一度だけ遠くにオス見つけたのですが、シャッターを切る前にいなくなってしまいました。ということで引き上げ時間です。帰り道、センターに通りかかると鳥影が。ルリビタキです。でも残念ながらメス。それでも全く成果がないよりまし、と自分に言い聞かせながら帰宅しました。
クスサンの繭  カワゲラの仲間  ルリビタキ
クスサンの繭/カワゲラの仲間/ルリビタキ
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR