3月4日 大沼周辺 その2

大沼です。
大沼
大沼

見渡しても冬の水鳥はまばら。大方の鳥たちは北に帰っていったのでしょう。そんな中、コガモのそばに2羽の見慣れない鳥影が。オオハシシギです。
マガモ、オオバン  コガモ、オオハシシギ  オオハシシギ
マガモ、オオバン/コガモ、オオハシシギ/オオハシシギ

私は11月の初めに赤沼で一度見たきりでしたが、この2羽、赤沼と大沼を行ったり来たりしながら、結局、ひと冬ここで過ごしたようです。2羽は餌探しに夢中で長い嘴をなかなか見せてくれません。
オオハシシギ  オオハシシギ  オオハシシギ  
オオハシシギ

しばらく粘ってようやく嘴全体が見える写真を何枚か撮ることができました。この嘴、閉じていると固そうですが、写真で確認すると膨らむように開けていたり、反り返っているように見えたりします。実は柔らかいのかな。不思議。 
オオハシシギ  オオハシシギ  オオハシシギ
オオハシシギ

3月4日 大沼周辺

天気:晴後一時雨 最低気温:1.8度 最高気温:10.3度

この日はいつもの大沼周辺短時間巡回。大規模な圃場整備が進む中、ミヤマガラスの群がひっくり返された土の上で餌を探しています。そろそろ彼らも北に帰る準備でしょうか。この群にはコクマルガラスは混ざっていないようでした。
ミヤマガラス  ミヤマガラス  ミヤマガラス
ミヤマガラス

地元紙にも出てしまった某施設のトラフズク。今季最後のあいさつに行きました。年末には一つの木に3羽がとまっていましたが、この日は1羽のみ。しかもかなり中の方で休んでいたので撮れたのはこんな写真だけでした。来季も来てくれるとうれしいのですが…。
トラフズク  トラフズク  トラフズク
トラフズク

次に大沼へ。

3月1日  通勤途上にて

天気:晴後薄曇 最低気温:-0.7度 最高気温:6.3度

このブログもようやく3月に入りました。通勤途上の小さな春です。地元紙の本社ビルの南側にホトケノザが咲いていました。この場所は暖かいのか、毎年この花を見ることができます。東二番丁通り生垣にはハコベが可愛い花を咲かせています。同じ通りのロウバイもたくさんの花を付けていました。
ホトケノザ  ハコベ  ロウバイ
ホトケノザ/ミドリハコベ/ロウバイ

2月26日  県内某所

天気:晴後曇 最低気温:1.2度 最高気温:10.0度

この日は教えていただいた某所で珍しい「ヒバリ」探し。現地では県外ナンバーの車のカメラマンも結構いましたが、目に入るのはムクドリ、普通のヒバリ、ツグミばかり。結局この日はお目当ての鳥を見つけることはできませんでした。残念。
ムクドリ  ハマヒバリ  ツグミ
ムクドリ/ヒバリ/ツグミ

2月25日  追廻

天気:晴 最低気温:0.0度 最高気温:7.9度

懲りずにまた追廻に。どうしても青いルリビタキが見たくてまたやってきました。でも出てきてくれたのはジョウビタキ。それでもこのジョウビタキ、見返り美男のいいポーズをとってくれました。
追廻  ジョウビタキ  ジョウビタキ
追廻/ジョウビタキ

その後も目当ての鳥は現れてくれず。見かけるのは常連さんばかり。
エナガ  シジュウカラ  アオジ
エナガ/シジュウカラ/アオジ

とぼとぼと歩いていると笹薮の方からかすかな鳴き声が聞こえたような気が。見てみるとオスのミヤマホオジロがいました。後ろにメスもいます。するとその近くからベニマシコが現れたのでそちらにカメラを向けている間にミヤマホオジロはいなくなってしまいました。
ミヤマホオジロ  ミヤマホオジロ  ベニマシコ
ミヤマホオジロ/ベニマシコ

その後、さらに周辺を回りましたが、目立った収穫はなし。最後にもう一度、先ほどミヤマホオジロがいたあたりに寄ってみると、2羽ともまだいてくれました。残念ながら2羽が同時に写る構図のときには盛大な枝被りでしたが、オスはその後、もう少し撮りやすいところに出てきてくれました。
追廻  カワラヒワ  ミヤマホオジロ
追廻/カワラヒワ/ミヤマホオジロ

青いのは見られませんでしたが、久々に黄色いのを見られたので良しとしましょう。
ミヤマホオジロ  ミヤマホオジロ  ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR