5月14日  カンムリカイツブリ

天気:雨 最高気温:14.0度 最低気温:11.7度

この日はちょっとだけ赤沼と大沼をのぞいてきました。どちらも水鳥の姿はほとんどなかったのですが、大沼ではカンムリカイツブリの番が仲良さそうに泳いでいました。
大沼  カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ
大沼/カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリは日本では限られた地域で繁殖しているようですが、大沼ではこのところ毎年子育ての様子が観察されています。この日も2羽はアシの枯れた跡を念入りに見て回わり、時折枯葉をくわえて置く仕草も見られました。(写真右)
カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ

沼の周辺ではオオヨシキリの鳴き声があちこちから響いていました。

5月6日  榴岡公園

天気:曇 最高気温:19.2度 最低気温:13.4度

この日は榴岡公園へ。ここでは例年、連休の時期にはキビタキやオオルリなど、渡り途中の夏鳥が見られます。南西の入り口付近はヤエザクラが散ってピンク色の絨毯が敷かれているようです。
榴岡公園
榴岡公園

芝生の間からは可愛い花が顔をのぞかせています。
ムラサキサギゴケ  ジシバリ  ボケ  
ムラサキサギゴケ/ジシバリ/ボケ

緑色の花をつけるサクラ、御衣黄が咲いていました。この花は咲いてから時間が経つと徐々に赤みがかっていくそうです。
ハナミズキ  御衣黄  カリン  
ハナミズキ/御衣黄/カリン

園内を半周ほどしましたが、出会えたのはムクドリくらい。うーむ。夏鳥がいない。
歴史民俗資料館  ムクドリ  ムクドリ
歴史民俗資料館/ムクドリ

北西の木々の中にセンダイムシクイを見つけましたが、写真は撮れず。時間切れ間近にはコサメビタキを見つけましたが、逆光で後姿、しかもすぐに飛んで行ってしまいました。今回は例年になく成果がありませんでした。
ツバキ  ツバキ  コサメビタキ
ツバキ/コサメビタキ

5月5日  ツミ

前日に教えてもらった場所に朝早く出かけてみました。すると早速木の上にツミのシルエットを発見。近づいていくと飛んでしまったのですが、すぐに同じ木にとまり直し、入れ替わりに別なツミが飛んでいきました。近寄ってみるとメスのお尻が見えたので、交尾でもしていたのかと思ったのですが、口元に赤い肉のようなものが見えました。オスから餌をもらったところだったようです。顔が見える方に回り込み、パチリ。木の下を人も通りかかるのですが、あまり気にはしていないようです。でも時折カラスが近づくとするどい鳴き声を上げて警戒してました。
ツミ  ツミ  ツミ
ツミ(メス)

入れ替わりに飛んだオスも同じ木にまたとまり直していました。こちらはいかにも見張りをしているといった感じで、見通しの良い場所で、周囲を見渡していました。ツミ、初めて見ました。従兄に感謝です。
ツミ  ツミ  ツミ
ツミ(オス)

子育て中のツミはカラスなどを追い払ってくれるので、ツミの巣がある周辺にはオナガが巣を作ることが多いようです。この日もすぐ近くで枝をくわえたオナガを見かけました。でもネットなどを見るとツミがオナガを捕らえた写真も多く載っていますので、オナガにとってはリスクもあるようですが、それでもツミの近くでの子育てを選択するオナガもいるのですね。面白いです。
オナガ  オナガ
オナガ

同じような写真ばかりになってしまいましたが、もう少し載せていますので、よろしければ続きもご覧ください。

続きを読む

5月4日  関東某所

天気:薄曇 最高気温:19.6度 最低気温:10.9度(いずれも仙台のデータ)

5月の連休は関東の実家に帰省しました。いつものように同好の士である従兄に案内をお願いして鳥見に出かけることに。まずはツミが巣作りをしているという街なかの公園へ。現着し、いつもいるという木を教わっていると、その木からツミが飛び立っていきました。撮り逃したかと思ったのですが、遠くの木にとまっているのを見つけ、なんとかパチリ。朝の方が警戒心がないとのことなので、翌朝また来ることにしました。
ツミ  ツミ  
ツミ

その後場所を変え山の中腹へ。早速散策を開始したのですが、思いのほか静かです。
某所  ハナダイコン  ハナダイコン某所/ハナダイコン

しばらく歩いても夏鳥の鳴き声は聞こえてきません。存在感を示しているのはヒヨドリとカオジロガビチョウくらい。カオジロガビチョウはいわゆる篭脱けで増えてしまった鳥ですが、仙台では見られないので一応パチリ。  
コアオハナムグリ  二ホンアマガエル  カオジロガビチョウ  
コアオハナムグリ/ニホンアマガエル/カオジロガビチョウ

しばらくしてようやく鳥のさえずりが聞こえてきました。従兄曰くエゾムシクイとのこと。さすが、適当に散策している私とは違います。声を頼りに姿も見つけることができましたが、木の上方ですばやく動き回るため、良い写真は撮れませんでした。ムシクイの仲間は見分けが難しいですが、これは鳴き声とともに確認したので間違いなし。
エゾムシクイ  エゾムシクイ  エゾムシクイ
エゾムシクイ

その後は特段の出会いなく時間切れに。撤収となりました。
サルトリイバラ  マムシグサ
サルトリイバラ/マムシグサ

4月30日  県民の森 その2

森は木々の芽生えが始まったところでパステル調の風景が楽しめました。池の縁にはオタマジャクシも。
県民の森  県民の森  オタマジャクシ
県民の森/オタマジャクシ

サクラもまだ若干残っていて風景を淡く彩っています。
桜の風景  サクラ  ミツバアケビ
サクラ/ミツバアケビ

この場所では残念ながら夏鳥の声や姿を確認することはできませんでしたが、ホオジロがちょこっとだけ顔を出してくれました。
県民の森  ビロウドツリアブ  ホオジロ
県民の森/ビロウドツリアブ/ホオジロ

地面に目を移すとマムシグサやウラシマソウがあちこちで咲いています。ラショウモンカズラも見つけました。
マムシグサ  ウラシマソウ  ラショウモンカズラ
マムシグサ/ウラシマソウ/ラショウモンカズラ

ここでもタンポポの上には小さな虫たちが集まってきていました。
ルリマルノミハムシ  モモブトカミキリモドキ
ルリマルノミハムシ/モモブトカミキリモドキ
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR