8月13日  大沼

天気:曇一時雨 最高気温:26.4度 最低気温:20.9度

いろいろあって、ほぼひと月ぶりの散策です。どこに行こうか考えたのですが、いきなり森の茂みの中に入っていく気にもならず、大沼に行くことにしました。周囲の田んぼではイネが青々と伸びています。
大沼周辺の田んぼ
大沼周辺の田んぼの様子

ドバトの群が低空を飛んでいました。ん?中に違う鳥が混ざっています。どうやらエリマキシギが1羽、ハトと一緒に飛び回っているようです。シギは1羽でいるのがよほど寂しいのか、いつまでもハトと編隊飛行を続けていました。
エリマキシギとドバトの群  エリマキシギとドバトの群  エリマキシギとドバトの群 
ドバトの群とエリマキシギ

水路の上にツバメの巣立ちヒナが並んでとまっていました。光の加減もあってか淡い青の背中がきれいです。沼のハスはまだ花が見られました。コフキトンボやチョウトンボが飛んでいましたが、チョウトンボはうまく撮ることができませんでした。
ツバメ  コフキトンボ  ハス
ツバメ/コフキトンボ/ハス

沼の比較的近くにカンムリカイツブリの親子がいました。ヒナは2羽のようです。もう親とそれほど違わないほどの大きさに育っていましたが、まだ餌は親にねだっています。
カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ

では、ハスやアシが生えているあたりをもう少し詳しく見てみることにしましょう。

8月5日  蔵王町にて

天気:曇一時霧雨 最高気温:29.7度 最低気温:23.5度(いずれも仙台のデータ)

この日は毎年訪ねる蔵王町の果樹園へ。桃を買うのはお任せして、私は農地を散策。
仙台同様、このところ天気の悪い日が続いているのか、サトイモの葉には大きな水玉が。少し進むとお目当てのミヤマアカネを見つけることができました。
サトイモの葉と水玉  ミヤマアカネ  コオイムシ
サトイモの葉と水玉/ミヤマアカネ/コオイムシ

写真を撮っていると近くの葉っぱの上を丸い形の虫が歩いているのが目に入りました。最初はコガネムシの仲間かなにかと思ったのですが、よく見ると水生昆虫のコオイムシでした。陸上にいるのは珍しいと思い写真を撮り始めたのですが、すぐに羽を広げて飛んで行ってしまいました。子育てが終わり、田んぼの水も少なくなったので引っ越しするところだったのかもしれませんね。

7月19日  カナブン

昨年偶然見つけたカナブンが群がる木立。今年の様子を見に来てみました。すると…、おー、今年も木の幹にぎっしりカナブンが取り付いています。でもここまでいるとちょっと不気味。
カナブン  カナブン  カナブン
カナブン

近寄って見ていくと、赤銅色のものから緑がかったもの、黒っぽいものまで様々な体色の個体がいます。ひときわ緑が鮮やかなものが1匹いたので、アオカナブンかと思ったのですが、どうやら単なる緑色のカナブンだったようです。
カナブン  カナブン  カナブン
カナブン

昨年はカブトムシもちらほらいたのですが、今年は時期が早かったのかカナブンしか見つけられません。それでもスズメバチの仲間が樹液を吸いに来ていたのでこちらもパチリ。
コガタスズメバチ  コガタスズメバチ
コガタスズメバチ

7月19日  ツバメの子育て

天気:晴 最高気温:26.9度 最低気温:20.3度

この日は朝早めに出かけ、通勤前に寄り道をしました。途中で見つけたツバメの巣、中で大きく育ったヒナが3羽、静かに親の帰りを待っています。するとそこに親が。ヒナたちは一斉に口を目いっぱい開いてアピールします。もうすこしすると巣立ち。そして秋には南に帰っていくのでしょうね。
ツバメ  ツバメ  ツバメ
ツバメ

7月18日  虹

天気:雨時々曇、雷を伴う 最高気温:25.9度 最低気温:20.6度

仕事からの帰り道、東の空にまだ雨が残っている様子でしたが、西の空から日が差してきました。これは虹が出ているに違いないと、あたりが見渡せる場所に行ってみると、やはり南東の空に虹が出ていました。

虹
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR