7月22日  蒲生

天気:霧雨後曇 最高気温:18.8度 最低気温:16.1度

前日とほとんど変わらない天気と気温です。この日は朝から時間が使えたので少し遠出をしようと考えていたのですが、目を覚ましたら雨。がっかりして二度寝をしていまいました。それでも10時くらいから東の方が明るくなってきたので、気を取り直して海の方面に向かうことにしました。
市街地から太平洋を望む

やってきたのは蒲生です。震災以来、2回目です。着いてみると、車が止められるスペースがいっぱい。ほとんどがサーファーの人たちです。みんな干潟を歩いて横切っていくので、生き物たちも落ち着かないのではと思ってしまいます。
蒲生干潟  ツユクサ  ミヤコグサ

水鳥たちの姿はまばら。ダイサギとアオサギを少数見かけた程度でした。ちょっと前までカラシラサギという鳥がいたようですが、見つけられませんでした。
ダイサギ  アオサギ  アオサギ

養魚場だった辺りはまだ荒れっぱなしです。以前はミサゴがダイブする姿がよく見られたのにと思いながら歩いていると、かなり遠くにミサゴが1羽とまりました。捕らえた魚を食べているようです。こちらにやって来ないかと見ていましたが、結局海の方に飛んで行ってしまいました。
養魚場の様子  ミサゴ  ミサゴ

アシの茂みから鳥のさえずりが聞こえてきました。アオジです。またカワラヒワの小さな群れも通り過ぎていきました。でもどちらも写真はうまく撮れませんでした。カワセミも見かけましたが写真は撮れず。まずはいるのを確認できただけでも良しとします。
震災の爪痕  アオジ  カワラヒワ

その隣の葦原に入ってみることにします。中からオオヨシキリやコヨシキリの鳴き声がしてくるのですが、なかなか姿を見せてくれません。それでもようやく比較的近くでコヨシキリを見ることができました。
コヨシキリ  コヨシキリ

小さな水たまりでは若いハクセキレイが、こちらのことは気にも留めず一心に餌探しをしていました。気が付くとえらく近い距離に。それでも全くお構いなしに水をバシャバシャかき回しては、何か捕まえていました。
ハクセキレイ  ハクセキレイ  ハクセキレイ

? キク科は案外難しい  メマツヨイグサ  ネジバナ

場所を移そうと歩き始めたら、足元に何かいるのを発見。カニです。少し大きめのごついのはクロベンケイガニ。アカテガニも見つけました。ひとしきりカニを追っていた顔を上げると、前方の茂みを中型の哺乳類が横切っていきました。草から見えた耳と背中と尻尾からすると、どう考えてもキツネとしか思えなかったのですが、すぐに葦原の中に入っていってしまい、結局それ以上の確認はできませんでした。ここではかつてイタチやタヌキを見たことはあるのですが、でもキツネってこんなところにいるのかな。謎です。
クロベンケイガニ  アカテガニ

そろそろ引き上げです。最後に干潟に下りてみました。見渡すと、小さな穴と砂でできた丸いだんごがあちこちにあります。これはコメツキガニの仕業。なんとかカニを見つけようと探したのですが、最初のうちは全く見つけられませんでした。そこで作戦変更、姿勢を低くしてじっとしていると…、あちこちでカニ達が動き始めました。コメツキガニの甲羅は砂にまみれたような模様になっており、非常に見分けがつきづらくなっています。見事なカムフラージュ。
コメツキガニの巣穴と砂だんご  コメツキガニ  

でも目が慣れてくればこっちのもの。しばらくカニ達の様子を見させてもらいました。穴から出てくるもの、砂を口に運び、餌を漉しとっているもの、なかには体を伸び上がらせ、ハサミを高々と振り上げて降ろすウェーブという求愛行動を見せてくれるのもいました。
コメツキガニのウェーブ①  コメツキガニのウェーブ②

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR