8月13日 鳥の海

天気:曇 最高気温:31.1度 最低気温:23.7度(いずれも仙台のデータ)

休暇をとりました。なのでいつもは行かない、少し遠めの場所に行こうと考えていたのですが、天気はいまひとつ。当初は二口渓谷に行こうかと思っていましたが、どうも西方面の空が暗いようなので、海方面、ちょっと足を伸ばして鳥の海をのぞいてみることにしました。鳥の海は市の中心部からほぼ南に25キロほど、亘理町にあります。亘理町も震災で大きな被害を受けました。
途中、水田が広がる場所で一休み。稲はちょうど花が咲いて雄しべが出ていました。また、足元を見るとあぜ道にエゾムラサキ小さな花がたくさん咲いていました。
水田の風景  イネの花  エゾムラサキ

海に近づいていくにつれ、田んぼは「除塩処理中」とか「復旧作業中」という看板が目立つようになり、耕作できていない割合が増えていきます。鳥の海に流れ込む用水路まで来ました。ここではかつてミサゴが豪快なダイブを見せてくれたことがありましたが、この日は静かなもの。それでも車を降りて用水路をのぞいてみるとササゴイを見つけました。また、堤のムラサキツメクサには数匹のモンキチョウが。蜜を吸っているのかと思ったのですが、卵を産み付けている個体もいました。
ササゴイ   モンキチョウ 

元田んぼ(?)ではアオサギがたたずんでいました。
荒れた水田  アオサギ  

そちらの方に行ってみると、トンボが飛び回っています。なかでもチョウトンボが多く飛んでいました。チョウトンボの羽は一見、黒く見えますが、光の加減で藍色に輝いて見えます。なんとかきれいに撮れないかと粘ったのですが、近くにとまってさえくれませんでした。水がたまっている所をのぞくと、小さなゲンゴロウの仲間が忙しそうに泳ぎまわっていました。
アジアイトトンボ  チョウトンボ  ハイイロゲンゴロウ  

ガマが生えている一角から鳥の鳴き声が。そっと様子を窺うとガマの隙間から巣立ちしたてのオオヨシキリが姿を見せてくれました。
オオヨシキリ幼鳥

さて、鳥の海です。でも鳥の姿は少なく、遠くにダイサギやアオサギがいるくらい。
鳥の海  アオサギ  ダイサギ  

ウミネコ幼鳥  タモロコ

砂浜にも出てみましたが、こちらもサーファーはいますが鳥影なし。
堤防工事の様子  砂浜の風景  砂浜にできた風紋

マヒトデ  タマガイの仲間?  ウミネコ  

少し寂しい気持ちになってしまったのと、目的地を急遽海にしたためラジオも持って来ていなかったので、ここは早々に退却することにしました。
ヤブツルアズキ  ウミウ?、ダイサギ?、アオサギ  津波の傷跡 
 

コメントの投稿

非公開コメント

impressiveです。

オオヨシキリ、とても好きな鳥なのですが。今年も撮れませんでした。声はすれどもというやつです。来年は何とか撮影したいッス。

今回のお写真も素晴らしいですね。特に砂浜の貝殻、impressiveです。ムラサキイガイとツメタガイの仲間でしょうか?

Re: impressiveです。

Clearwater0606さん こんばんは。

オオヨシキリ、実は私も今年はさかんにさえずっていた時期は全く撮れませんでした。
写真のオオヨシキリはまだ子供でしたが、一番大人っぽく写っている絵を選んでみました。

巻貝は、教えていただたいたツメタガイで検索してみたところ、なるほど似てますね。
ツメタガイだと思います。

ブログ拝見しました。水面の写真、きれいです。
それから皆さんがコメントを寄せていましたが、何といってもイトトンボ、すごいです。
羽化して間もない個体でしょうか、脚なんか透けているようです。

ゴイシシジミも前回よりコントラストがはっきりしていて、らしい写真ですね。
どれも絵心のある写真で素敵です。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR