6月4日  追廻

「ほぼ、追廻の四季」といってもいいくらい、今年ほど頻繁に追廻に行ったことはありませんでした。というのも、やはり東方面の蒲生や農業園芸センター周辺に全く行くことができないというのが大きな原因です。ただ、追廻でさえ仙台城跡のところの崖が大きく崩れ、竜の口渓谷も立ち入り禁止になっており、行動範囲は限られています。まあ、文句を言ってもしかたありません。今日も短時間ながら活動開始です。
長沼の横あたりの空き地にはニワゼキショウがあちこちで咲いています。黄色い花はブタナのようです。また、遊歩道脇の葉っぱにたくさんのコガタルリハムシがいました。
ニワゼキショウ  ブタナ  コガタルリハムシ

大きくなったイタドリの葉の上にモモブトカミキリモドキが歩いていました。葉の裏にも何かいます。のぞきこむとアリグモでした。オスはあごが発達しており、それほどアリに似ているという感じでもありませんが、メスはパッと見、見分けがつかないくらい似ています。また、近くでウズグモの巣を見つけました。きれいな隠れ帯です。
モモブトカミキリモドキ  アリグモ  ウズグモ

竜の口沢までくると、カジカガエルの澄んだ鳴き声が聞こえてきました。仙台市ではこの季節になると、ここや広瀬川の上流~中流域のかなり広い範囲でカジカガエルの鳴き声を聞くことができます。ところが姿を探すとこれがなかなか見つかりません。この日もかなり近くから鳴き声が聞こえるのですが、姿を見つけることができません。半ばあきらめかけたころ、川の中の石の上にカエルらしきものが。おー、ようやく見つけた。一度見つけてしまうと急に見えるようになるというのは、自然観察でありがちなことです。その後、別な個体、3~4匹を見つけることができました。
カジカガエル

鳥はスズメとカワラヒワくらいしか見つけられませんでしたが、カジカガエルをじっくり見られたので、いいです。
帰り道は、白い色のニワゼキショウやアメリカフウロを見つけ、また緑の草地の中でたくさんのチガヤが揺れる風景にも出会えました。博物館の裏庭の方ではキキョウソウも見つけました。
カワラヒワ  アメリカフウロ  ニワゼキショウ
チガヤ  キキョウソウ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR