8月25日  広瀬川

天気:曇後一時晴 最高気温:30.8度 最低気温:25.1度

この日で真夏日が7日連続となっています。あまりに暑いのであまり出かける気にもならなかったのですが、近場の広瀬川をのぞいてみることにしました。
広瀬川

ところが連日の暑さに川の水が極端に減っていて、涼しさどころかかえって暑さを実感してしまいます。ハクセキレイも水浴びを繰り返していました。また浅瀬ではウミネコが・・・、と思ったのですが、帰って確認したところオオセグロカモメだったようです。
水浴びをするハクセキレイ  濡れた羽に風を通すハクセキレイ  オオセグロカモメ

浅くなった川を上から見てみると、かなり多くの魚が群で泳いでいます。写真判定でアユと確認。天然ものなのか放流したものか分かりませんが、いるべきものがいるというのはありがたいものです。
でもこの日はそれ以降、目立った出会いはなし。郡山堰も魚道以外は水が流れておらず、サギやチドリの姿も見当たりません。結局、木流堀との合流点まで来てしまいました。ここで遠くにカワアイサを発見。あまりにもネタ薄ですが、引き返すことにしました。
アユの群  イチモンジせせり  カワアイサ

帰り道、宮沢橋の手前の土手に餌を食べているトンボを見つけました。シオカラトンボ?。また、橋の下ではカイツブリが水に潜ってえさ探しをしていました。やっといつもの光景に出会えた。
愛宕堰付近から上流を望む  シオカラトンボ  カイツブリ

岸に生えているヤナギの木でメジロの群が忙しそうに動き回っています。写真を撮ろうとしてもすぐ動いてしまい、悪戦苦闘していると若いシジュウカラの群もこれに加わりました。こちらもよく動く・・・。
メジロ  シジュウカラ幼鳥  シジュウカラ幼鳥

メジロたちに翻弄され、結局いい写真を撮れないまま、あきらめて移動し始めたところ、キジが茂みに入っていくのを見つけました。そっとその場所まで行って覗き込みましたが草の中に入ったまま。それでも我慢してじっとしていると、ゆっくり茂みから出てきました。その姿はまるでティラノサウルスのよう。
茂みからT.rex?(キジ)  キジ  キジ

さらに戻ると目の前をチョウがヒラヒラ飛びながら通り過ぎ、ヤナギの木にとまりました。翅を広げると、おっ、コムラサキです。離れていたので望遠で1枚。
愛宕堰の近くではダイサギとアオサギが水面を覗きながらえさを探していました。
コムラサキ  アオサギ  ダイサギ

愛宕橋の近くではスズメがとてもにぎやかでした。こちらも若い個体のようです。
カメラをしまおうとしていると、突然、先ほどのアオサギが威嚇するような鳴き声をあげながら飛び立ちました。どうやらカラスにちょっかいを出され、怒ったようで、珍しく結構しつこくカラスを追いかけ、追撃していました。その姿はまるでプテラノドン。
カワラヒワ  スズメ  プテラノドン?(アオサギ)

ちょっぴりジュラシックな雰囲気を味わった散策でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

随分沢山の生き物を観察されましたねえ。プテラノドン、・・・確かに似てますね。

メジロは、まだ見たことがないのですが、結構いるものなのでしょうか?

Re: No title

広瀬川のあの辺りは、ご存じのとおり以前は中州があり、岸にももっと木が生えていましたので、その頃に比べると見られる生き物の数は減ったような気がします。
キジは久しぶりに見ました。

メジロはちょっとした木立があれば結構いたりしますし、公園や住宅街などでも見かけたりします。
ただ、小さい鳥なので、見逃してしまう方も多いのかもしれません。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR