10月7日  県民の森 その2

散策路沿いではキツリフネやアザミなどが花を咲かせていました。
キツリフネ  ノハラアザミ  ヤマハッカ    

杉林の中の急な傾斜を歩いていくと、冬鳥のジョウビタキの鳴き声が聞こえてきました。声を頼りに探したのですが、結局、姿は発見できず。残念。
舗装路に出ました。ここはまだ通行禁止の区間ですが、前回来たときには崩れたままだった崖もずいぶん修復が進んでいました。少し離れた杉林からホオジロの集団が顔を出しました。カメラを向けてみるとカシラダカも混ざっています。米粒みたいに小さく、ボケボケでしたが、ようやく冬鳥を撮ることができました。
復旧工事が進む道路  ホオジロ  カシラダカ  

再び脇道に入ります。ここではアキカラマツやオケラ、ツクバネウツギの実など、変わった形の花や実を楽しむことができました。また、秋らしいアキノキリンソウやキバナアキギリもたくさん見かけました。
アキカラマツ  オケラ  ツクバネウツギの実

シソ科だと思うのですが…  アキノキリンソウ  キバナアキギリ    

木や草の実も目立つようになりました。マツブサの実は黒く熟すと食べられるそうです。どんな味がするんだろ。また、ビールに使うホップの親戚のカラハナソウもたくさん実を付けていました。
マツブサの実  ツルリンドウの実  カラハナソウ  

中央記念館はまだ閉館中ですが、こちらも復旧工事がはじまったように見えました。その近くのハギの花にはかなりの数のシジミチョウが集まって来ていました。日陰の地面に真っ白なチョウがとまっていました。ウラギンシジミです。でもこのウラギンシジミはほとんど動くことができず、命を全うする直前でした。
中央記念館  ツバメシジミ  ウラギンシジミ  

イシサワオニグモ  シジュウカラ

季節が秋へと変わっていくことを実感できた散策でした。  

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【10月7日  県民の】

散策路沿いではキツリフネやアザミなどが花を咲かせていました。        杉林の中の急な傾斜を歩

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR