7月2日  花壇

車検だったので、車屋に自動車を預け、そのまま少し散策をしました。霊屋橋を渡り、広瀬川沿いに花壇までのコースです。橋までの間の道端では、まだ小さなミスジマイマイやヤマトシジミを見つけました。
ミスジマイマイ  ヤマトシジミ

霊屋橋のたもとにはオニグルミが生えていて、実がたくさんなっていました。
霊屋橋からの風景  オニグルミ

川沿いの道の脇にはクズが覆うように茂っており、その葉を見ていくと、いろいろな虫たちに会うことができます。まずはちょこちょこ動き回っていたヨツボシハムシ。その先にはじっと獲物を待っているのか、オオカマキリの幼虫。そしてそれに気づかれないようにじっとしているのか、オンブバッタの小さな幼虫。虫たちの季節です。
ヨツボシハムシ  オオカマキリ  オンブバッタ

カワセミがよくいる淀みまで来ました。そっとあたりを見渡すも、今日はいないようです。しばらく様子を伺っていると、魚の姿が見えました。オイカワです。オスは婚姻色が出ていてとてもきれいでした。
ムラサキツメクサ  オイカワ

カワセミは来てくれないようなので、先に進みます。すると土手にハエトリグモを見つけました。アオオビハエトリです。背景がコンクリートの白だったので黒くつぶれ気味の絵になってしまい、特徴の青い帯はいまひとつ目立ちませんでしたが、前脚を触角のように使いながら歩く姿はユーモラスで非常にかわいいです。ウリハムシモドキは熱心に手足のお手入れ中のようです。
アオオビハエトリ  ウリハムシモドキ  

評定河原橋で対岸に渡り、花壇を目指します。花壇は前回に行ったとき、その少し前に降った大雨で河原の砂地がすっかり持っていかれ、川に向かう道が突然途中で途切れ、直接流れに面している状態になっていました。がけ崩れの影響で流れが変わったためだと思われます。以前はそこでハンミョウの仲間や様々なチョウ、イカルチドリなども見られたのですが、残念です。この日は途中の草地あたりを見て回ろうと思いながら、まずは途切れた道を川まで行ってみることに。すると川で終わってしまった道から右に草を踏み固めてできた新たな道ができています。
人の営みというのはすごいなと思いながら、その道を進んでいくと、わずかに残っていた河原の砂地に出ました。道をつけた人、えらい。
トウバナ  アオバネサルハムシ

せまい砂地を歩いていると、足元をコムラサキっぽいチョウがすり抜けていきました。目で追っていると地面にとまりました。やはりコムラサキのようです。でも近づくとすぐ飛んでしまい、しかも羽を立てっぱなしでとまっていたり、開いても青く見えない角度だったりと、なかなかこちらの望みどおりのポーズをとってくれません。結局、一番右の写真程度にしか撮ることができませんでしたが、楽しいひとときでした。
コムラサキ  コムラサキ  コムラサキ

その後はあまり成果もなく、引き返す時間になってしまいました。小さな虫やや花などを見つけつつ、戻ります。
コウゾリナ  ナナホシテントウ  アオハダトンボ

ナガコガネグモ  ショウリョウバッタ

河原から出る直前にクズの葉の上でカメムシを見つけました。ナガメです。このカメムシ、逆さに見ると、ちょっと人の顔のように見えませんか。インドやタイにはもっと人の顔そっくりに見えるのがいるそうで、その名もズバリ、「ジンメンカメムシ」。花壇から元来た道をたどり、カワセミのポイントで再トライしましたが、やはりいませんでした。カメラをしまう間際、少し離れていましたがウグイスを見つけたので、これを撮って本日は終了。
ナガメ  ツユクサ  ウグイス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR