3月24日  花壇

天気:曇 最低気温:-0.4度 最高気温:4.9度

寒さの戻った一日でした。この日は花壇に行ってみることに。評定河原橋の下流は藪や樹木が伐採され、さびしい風景のまま。川の流れは若干勢いを増している印象。岸ではジョウビタキが水浴び中でした。
広瀬川  広瀬川の流れ  ジョウビタキ

岸沿いに残るネコヤナギの花芽が膨らみ、すげの仲間が花を咲かせていました。橋の袂の木にアオゲラがとまりました。でも近づく前に飛んでいいってしまいました。
ネコヤナギ  スゲの仲間  アオゲラ

花壇の工事は終わったのか、現場事務所などがなくなっていましたが、河原は荒れ放題の印象です。空を見上げるとたくさんのツバメたちが飛び交っていました。
花壇の様子  イワツバメ  ツバメ

河川敷の砂地を見渡すと、あちこちにすり鉢上の穴が開いています。ウスバカゲロウの幼虫が作ったアリジゴクです。軒下などにいるものとは種類が違うようです。ひとつだけ犠牲になってもらうことにして、周囲の砂ごと手ですくい砂を払うと、大きく育った幼虫が出てきました。かっこいい。
「アリジゴク」  クロコウスバカゲロウ?

でも荒れた河原で見つけたものはこれくらい。一回りだけして帰ることにしました。ハクセキレイやカワアイサを見ながら川沿いを戻ってくと向こう岸からきれいなウグイスのさえずりが。かろうじて姿も確認できました。
カワアイサ  カワアイサ(オス)  カワアイサ(メス)

コゲラ  ハクセキレイ  ウグイス  

河原のオニグルミの可愛い芽がこちらに手を振っているようでした。
オニグルミの芽

コメントの投稿

非公開コメント

迫力ありますね

アリジゴク、かなり迫力ありますね。初めて拝見しました。

Re: 迫力ありますね

Clearwater0606さま

子供の頃は生き物を見ると何でも捕まえてみないと気が済まなかった私も、さすがに大人になってからは、できるだけ迷惑をかけないようにカメラで「捉える」ようにしていますが、アリジゴクは外から見ることができないので、年に一度くらいは「ごめんな」と言いながらこうやって姿を見させてもらっています。
やっぱ、かっこいいです。なのでどうしてもまた見たくなってしまいます。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR