6月22日  広瀬川

天気:曇 最高気温:23.4度 最低気温17.8度
前日の水位はとても低かったのですが、夜に少し雨が降りましたので、この日も広瀬川へ。でもやっぱり水位は変っていません。いったいあの雨はどこにいったんだろう。
愛宕橋から下流を望む  

相変わらず岸辺のあちこちにハクセキレイのヒナが。たまに親(?)が。たまーにセグロセキレイが。
ハクセキレイ巣立ちヒナ  ハクセキレイ  セグロセキレイ

郡山堰は干上がりそうな感じ。真ん中あたりでセグロカモメが魚をつついています。アユにしてはでかい。サケのようにも見えるけど、今の季節にいるわけはないし、謎です。
この日は広瀬橋の下流にも足を伸ばしてみることにしました。
サケ?をくわえようとするセグロカモメ  広瀬橋をくぐってさらに下流へ  

この辺りは遊歩道が堤の内側にあり、いつも見ているエリアと違ってまた新鮮です。アシもたくさん生えていて、あちこちからオオヨシキリの鳴き声が聞こえてきます。
チガヤ  ムラサキツメクサ  ニガナ  

ニワゼキショウ  コモチマンネングサ  オオヨシキリ

時間的にそろそろ折り返しというところで、川の水に入れるようになっている場所がありました。そっと水をのぞくと小さな魚が。ハゼの仲間かな。また、ムラサキツメクサの花にたくさんのハムシがいました。色とりどりですが全てアオバネサルハムシという同じ種類。ハムシは個体差の激しいものが多いです。
ゴクラクハゼ?  キタヒメヒラタアブ  アオバネサルハムシ

広瀬橋の近くまで戻ってくると、アシの茂みから鳥の鳴き声が。しばらくじっとしていると、おっ、ホオアカだ。実はこれまでホオアカを見たことがなくて、七北田川に探しに行ったこともあったのですが、こんな近くにいたなんて。たまにはこのエリアにも来てみないと。
ホオアカ  ホオアカ  カワラヒワ

帰り道の郡山堰ではコチドリが歩き回っていました。ゴイサギはどこに行ったのだろうと思ったら。堰のすぐ上流のヤナギの木の中で休んでいました。これだけ水がないと休むしかないか。
コチドリ  コチドリ  ゴイサギ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR