6月23日  県民の森

天気:晴一時曇 最高気温:24.4度 最低気温:16.7度

この日は久々に県民の森に行くことに。まずは池の周囲を散策。なんともう真っ赤に成熟したショウジョウトンボが飛び回っています。また、イトトンボも多く飛んでいました。イタドリの葉の上では朱色のハムシも見つけました。
アジアイトトンボ  ショウジョウトンボ  アカクビナガハムシ

近くで鳥の頼りない鳴き声が聞えてきました。見るとホオジロです。成鳥の体色ですが、仕草や警戒心のなさからみて今年巣立った幼鳥ではないかと思います。
ホオジロ  ホオジロ

地面ではコウゾリナやニワゼキショウ、白い色のサギゴケなどが咲いていました。
コウゾリナ  ニワゼキショウ  サギゴケ  

鳥はサンコウチョウねらいでしたが、見事に撃沈。また、よい写真は撮れませんでしたが、キビタキが比較的近くでさえずってくれていました。
キビタキ  キビタキ  サンコウチョウ

不思議な外見のハムシや白黒に塗り分けられたゾウムシ、ビロードのような体表のコガネムシなど、虫もいろいろなものに会えるようになってきました。
イノコヅチカメノコハムシ  オジロアシナガゾウムシ  ビロウドコガネ

また、この日はよい天気で暖かだったので、爬虫類や両生類にも出会えました。カナヘビは日なたのあちこちで見かけました。中には脱皮中の個体もいました。また、池の周辺ではまだまだ小さいウシガエルに、草むらではとても小さなアカガエルに会えました。
ニホンカナヘビ  脱皮途中のニホンカナヘビ  

ウシガエル  ニホンアカガエル

トカゲにも会うことができました。(分類が進んで、この辺りにいるトカゲは「ヒガシニホントカゲ」という和名になったそうです。なんかピンときませんけど。)まだ幼体でしたが、写真を撮っていて様子がおかしいことに気がつきました。なんと尻尾の先が二股になって2本に分かれています。元の尻尾が完全に切り離されないまま新しい尻尾が生えてきてしまったのでしょう。胴体に咬まれたような跡もあり、これまで何度も危機をくぐりぬけてきたのかもしれません。どうせなら2本とも尻尾を残したまま立派な成体に育って、またここで再会したいものです。
ヒガシニホントカゲ  尻尾が2本!

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい

今晩は
白黒に塗り分けられたゾウムシ・脱皮中のカナヘビ
アカガエル・尻尾の先が二股になっているトカゲなど
およよさんは、珍しいものをよく見つけらますね
(●^o^●)
今シーズン、私はいまだにサンコウチョウをパチリ出来ていません

トンボ沢山いるようですね。

綺麗なショウジョウトンボですね。素晴らしいお写真ですね。

このイトトンボは何て言う名前でしょうね?今度、行ってみようかな?

Re: 素晴らしい

チャンコナベさま

私は変な生き物好きなので、変な生き物の方で寄ってきてくれるのかもしれません。
でもたまにはチャンコナベさんのようにきれいなチョウも撮りたいです。
(本当はモリアオガエルやクロサンショウウオの卵かな。)
サンコウチョウは難しいですね。木の中にいるので暗いしピントが合ってくれないし…。
私も今シーズンはあんな写真どまりのような気がします。

Re: トンボ沢山いるようですね。

Clearwater0606さま

トンボたち、大分見かけるようになりましたね。
あのショウジョウトンボはずいぶん逃げられて撮るのに苦労しました。
イトトンボはアジアイトトンボではないかと思います。
でも同定はなかなか難しいですね。Clearwater0606さんは図鑑を持っていらっしゃるようですが、私は専らネットで探すので、結構疲れます。
Clearwater0606さんも順調にトンボの写真を増やしていますね。11日のチョウトンボ、素晴らしいです。
私はチョウトンボの近くに寄れたことがありません。あんな風に撮ってみたいです。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR