9月14日  蒲生 その2

再び元の日和山のあたりまで戻ってきました。草地にはキク科の小さな花が。ホウキギクです。またナガコガネグモがクルマバッタモドキを糸でぐるぐる巻きにしていました。これからゆっくり食事かな。さらに進むと立派なショウリョウバッタのメスにも出会えました。
ホウキギク  ナガコガネグモ  ショウリョウバッタ

導流堤の近くに出てみました。水辺にはフナムシがうじゃうじゃいました。苦手な人もいるかも知れまでんが、でおアップで見るとなかなかSFチックでカッコいいんですよ、これが。水をのぞくとコンクリートにフジツボが付いています。その間にはとても小さなカニもいました。見ているとあちこちのフジツボから花が開くように蔓脚と呼ばれる器官で餌を集める様子が見られました。
フナムシ  フジツボと小さなカニ  蔓脚を伸ばしたフジツボ

コンクリートの堤に沿って水面を見て行くと緑色をした小さな生き物が体をくねらせながら泳いでいました。ヤマトカワゴカイでしょうか。なかなきれいで可愛かったです。他にもカニやハゼの仲間などをたくさん見ることができました。
ヤマトカワゴカイ  アシハラガニの子供?  アカオビシマハゼ?

河口から離れ、また別の養魚用の池だった場所をのぞいてみます。するとコガモの小集団がいました。数からして居残り組ではなく、渡ってきたものだろうと思います。ここでそろそろ時間です。最後にもう一度海の方をながめ、遠くに見つけたキアシシギ?を撮って車に戻りました。
コガモ  ウミネコ  キアシシギ

車に乗り込もうとしたとき、ゲットした魚を持ったミサゴが飛んでいくのを見つけました。小さなシルエットながらこれを撮って、本日は終了。
オオオナモミ  魚を捕らえたミサゴ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も今日の午前中蒲生に行って
シギを見てきました
ミサゴには残念ながら、会えませんでした

Re: No title

チャンコナベさま
シギ、私が行ったときは数は多くありませんでしたが、数や種類はどうでしたか。
ミサゴは養魚場がやっていた頃はそこにダイブする姿を結構近くから見られたのですが、
私も最近はあまり近くから見たことがないのです。
でもまあ、いてくれるだけでもありがたいです。

いろんな生物が棲息しているんですね。

蒲生には色んな生物が棲息しているんですね。やっぱりこういう所、大事ですね。デリケートな自然環境なのでしょうが、同時にたくましさも感じます。

Re: いろんな生物が棲息しているんですね。

Clearwater0606さま
河口付近は海水と淡水、潮の満ち引きなど、かなり大きく環境が変化する場所なので、それだけ多様な生き物が多く生きているのかもしれませんね。
私は自然の生き物たちは良い意味でとても「したたか」だと思っています。震災から日がたち、元のとおりではないにしろ、今の環境の中でいろいろな生き物が戻って来てくれています。蒲生に行くと生き物たちの「したたかさ」を強く感じます。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR