11月7日  蕪栗沼

蒲生から高速にのり、蕪栗沼に。
蕪栗沼 白鳥地区

田んぼではガンの群が休んでおり、方々から飛びながら鳴くマガンの声が響いてきます。
マガン  マガンの群  マガンの群

白鳥地区の外周を歩き、まずは蕪栗沼との境を目指します。遠くにはモズやノスリの姿が。
散策路  モズ  ノスリ

沼が見える場所まで来ました。
蕪栗沼  

水鳥たちも若干残っています。マガンにオオハクチョウ、ダイサギ…。
マガン  オオハクチョウ  ダイサギ

手前のマガンが顔を上げた、と思ったら、マガンではありません。体の大きさも違います。ヒシクイ(オオヒシクイ)です。よく見ると沼にいるのはほとんどがヒシクイでした。
マガン(奥)とオオヒシクイ(手前)  オオヒシクイ  オオヒシクイの群

堤の上を進んでいくと目の前の枝にジョウビタキがとまってくれました。ここに来る前の蒲生が初見でしたが、ずっと近くに来てくれました。またエナガとシジュウカラの混群にも出会いました。どちらもよく動き回るのでシジュウカラは後姿のみ。
ジョウビタキ  エナガ  シジュウカラ

もう少し進んだ後、白鳥地区側をのぞいてみることにしました。

コメントの投稿

非公開コメント

面白いですね

異なった種が共通の群を作るという現象は面白いですね。蕪栗沼は暖かい時期に行ったきりですが、そろそろまた行ってみようかなと、お写真を拝見して思いました。

Re: 面白いですね

Clearwater0606さま
冬は混群をよく見かけます。シジュウカラ、エナガ、ヤマガラにコゲラが少数みたいなパターンが多いでしょうか。どうして混群を作るのか、確かに不思議です。彼らなりのメリットがあるのでしょうね。
里山などを歩いていると、たまに混群の中に自分が紛れ込んでしまい、サラウンドで鳥の鳴き声が聞こえ、どこを見ても鳥という状況になる時があるのですが、そういう時は本当に幸せを感じます。

プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR