8月9日  追廻

太白山で思いのほか時間を使ってしまったので、本当は久しぶりに泉ケ岳にでも行こうかと考えていたのですが、近場に変更です。ということで追廻に行くことにしました。
博物館と国際センターの前の道は木々の緑が深く、夏真っ盛りの風景です。博物館に向かう道のトチノキにたくさんの実が付いていました。また長沼側の斜面にはオオウバユリが群生し、花を咲かせています。
長沼ではスイレンがいくつか咲き始めていました。また木に覆われた下にはオシドリが休んでいました。この時期になるとオスも地味な羽に変わってしまい、外見からの見分けが付きにくくなるのですが、くちばしが赤いのがオスだそうなので、左にいる方がオス、右がメスということになります。
博物館前の風景  オオウバユリ  トチノキ

オシドリ  スイレン  スイレン

住宅地跡の空き地ではピンク色花が目を引いていました。ミソハギです。お盆の頃に咲き、お供えの花としても使われるためボンバナという呼び方もあるそうです。日陰に咲いていたヒメジョオンにはいろいろなチョウが集まってきていましたが、うまく撮れたのはヒメウラナミジャノメだけでした。空き地を過ぎ、木立の中の遊歩道をさらに奥に進みます。
この日の最高気温は4日連続の真夏日となる32度(掲載日現在では12日連続)。1週間ちょっと前の8月1日の最高気温21.8度、最低気温18.6度に比べると劇的に暑くなっています。そんなことも影響してか、鳥やよく見られるリスなどの姿も全くありません。きっと日影で休んでいるのでしょう。
ミソハギ(ボンバナ)  ヒメウラナミジャノメ  追廻

ただ、虫たちは元気で、葉っぱの上でナツアカネを、枯葉が積もった木陰では羽の裏側が輝くように真っ白なウラギンシジミを見つけました。このチョウの羽の表側は茶色地に鮮やかなオレンジ色の班があって、個人的には表側の方が見たかったのですが、羽はしっかり閉じたままで開いてくれませんでした。
ナツアカネ  ウラギンシジミ  ヤマトシジミ

竜ノ口の沢沿いはイタドリやクズがものすごい勢いで生い茂っています。葉の間をのぞいてみると、スケバハゴロモが休んでいました。小さなかわいい虫ですが、ざっくりいうとセミに近い仲間で、頭の部分を見ると、なるほどセミに似ています。別の葉の上にはきれいな緑色の金属光沢をしたカメムシの幼虫がいました。アカスジキンカメムシの幼虫かと思ったのですが、帰宅後確認したところそうではないようです。ヒメコガネはイタドリに集まって葉っぱを穴だらけにしていました。
スケバハゴロモ  カメムシの幼虫  ヒメコガネ

せっかくの代休だったので、プランの上ではサンコウチョウのきれいな写真を撮った後、泉ケ岳でハコネサンショウウオでも探そうと思っていましたが、全くプランどおりいきませんでした。でもそれはいつものこと。これはこれでよしとします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR