11月23日  大沼周辺

四方山から海方面に向かい、鳥の海の近くまで行ってみたところ、何度か通ったことのある道がみな通行禁止になっていました。堤防などの工事が本格化しているようです。周辺の田んぼに水鳥がいたりするようなのですが、あまり来たことがないので当たりがつけられません。しかも道路はトラックをはじめ車の往来が結構激しく、ゆっくり進んだり止まったりすることは難しい状況。仕方なく北上し、大沼周辺を目指すことにしました。
途中、気になる田んぼもありましたがそのまま通過。電柱にはやたらノスリがとまっており、チョウゲンボウも見かけましたが走行中で撮影できず。ようやく交通量の減ったところで見つけたノスリをパチリ。左の写真のはちょっと変わった感じの個体。仙台市内に入ってからもノスリの姿が目立ちました。
ノスリ  ノスリ  ノスリ

大沼の手前で1羽のノスリに近づいていくと不意に飛び立ってしまいました。近づきすぎたかと思ったのですが、そばにいた別のノスリが気になったらしく、そいつを追い立てた後、一直線にこちらに戻ってきました。正面から飛翔シーンが撮れる!とカメラを構えたのですが、慌ててしまいピントはしっかり背景の田んぼに。残念。
ノスリ  ノスリ

沼に到着しました。ハクチョウの一群が少し離れた田んぼにいます。沼は水が少なく、アオサギやカモ類が少数いる程度。珍しそうな水鳥もいなそう。
ハクチョウの群  アオサギ  マガモ、オナガガモなど

それでもいつもは短時間しかいないことが多いので、この日は少しのんびり水面を眺めていました。するとダイサギが飛んできてゆっくりと上空を旋回してくれました。おかげで青空をバックに真っ白なサギが飛ぶ姿を楽しむことができました。トビもいつものように餌さがしをしていましたのでついでに1枚。
ダイサギ  ダイサギ  ダイサギ

トビ

この日、赤沼の周囲は工事中で立ち入りができませんでした。さて、そろそろ引き上げることにします。田んぼの道を進んいでいくと、路上にものすごい数のカラスが。両脇の田んぼにはそれ以上の数がいます。冬鳥のミヤマガラスです。ゆーっくり進みながら、近くで様子を見させてもらいました。これだけの群だと気になるのはコクマルガラス。探してみると一回り小型のカラスがいますので、コクマルガラスも混ざっているようですが、白い個体は見当たりませんでした。
ミヤマガラス  ミヤマガラス  ミヤマガラス

カラスの群を抜け、再び進み始めると正面の電線にもカラスがとまっていました。するとその中に白っぽい個体を発見。おーっ、いました。いわゆる「淡色型」のコクマルガラスです。またも車をとめ、しばし観察。近くの1羽は「黒色型」の個体で、ちょっと離れているのがミヤマガラス。こうしてみると結構大きさが違います。
コクマルガラス(中央の2羽)とミヤマガラス  コクマルガラス(中央の2羽)とミヤマガラス  コクマルガラスとミヤマガラス

何枚か写真を撮ると、白い個体だけが飛び立ってしまったので、車に戻ろうと後ろを振り返ると、先ほどのミヤマガラスがほぼ全て飛び立って空を埋めています。なかなかすごい光景。すると今度は一斉に電線にとまり始めました。騒ぎが終わった後の電線はごらんのとおり。(写真右)
ミヤマガラスなどの群  電線に飛んできたミヤマガラスなど  電線にとまるミヤマガラスなど

もうコクマルガラスを探す気も起きず、この日はこれにて終了です。
電線にとまるミヤマガラスなど  電線にとまるミヤマガラスなど

文章と写真の量の割に鳥の種類は少ないですね。すみません。 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうした訳か、今年はノスリが多いような気がします
チョウゲンボウ…残念でしたね
わたしも、日曜日と今日、大沼に行ってきました
沼の、水がかなり少なくなっていますが、白鳥はかなりの数でした。
クロツラヘラサギ2羽見てきました (●^o^●)

Re: No title

チャンコナベさま
そうですね。確かに今年はいつもより多くノスリを見かける気がします。
クロツラヘラサギ、私もこの土日に見に行ってきました。
でも土曜は冷たく強い風が吹きまくって、サギは丸まったままだし、体は凍えるしであえなく撤退。
日曜の日中は、遠かったのですが、まあまあ動いてくれたりもして、あまりクリアではありませんが写真も撮れました。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR