1月12日  蒲生 その3

干潟の水際ではダイゼン、ハマシギ、ミユビシギがあっちに行ったりこっちに来たり。ある程度の大きさの群もやって来ました。でも突然。一斉に飛び立ってしまいました。見上げるとミサゴの姿が。
(左から)ミユビシギ、ダイゼン、ハマシギ  (左から)ハマシギ、ダイゼン、ミユビシギ  ミユビシギ(手前)、ハマシギ(奥)

ハマシギ  ハマシギ(主に手前)、ミユビシギ(主に奥)

おかげでようやく立ち上がって移動できます。ミサゴはというと、どうやら捕った獲物をトビに狙われて逃げ回っているようです。追っ手を振り切ったミサゴは正面の松の木に向かって来てとまりました。おっ、ラッキー。
ミサゴ  ミサゴ  ミサゴ

ミサゴは魚を食べ始めましたが、またすぐにトビがやって来てちょっかいを出します。そんな光景が数回は繰り返されました。
ミサゴ  ミサゴ  P1124023.jpg

そのうち、別なミサゴにも餌を狙われる始末。まだ残っている魚をしっかり掴んで追跡者をかわします。獲物の横取りをあきらめたミサゴは別の場所でホバリングしながらまっとうに餌探しを始めました。
ミサゴ  P1124076.jpg  ミサゴ  

どうやら邪魔者はいなくなったようです。この隙に早くご馳走を平らげないと。
ミサゴ  ミサゴ  ミサゴ

ミサゴの追いかけっこを見た後は、奥の池周辺をのぞいてみることに。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミサゴの追いかけっこ…私も見てみたいです
結構横取りをねらっている鳥がいるので、自然界は
油断がなりませんね (●^o^●)

Re: No title

チャンコナベさま
このミサゴにとっては災難でしたが、
トビにしつこく追いかけ回されたあげくに
ミサゴからも狙われ、なかなか落ち着いて餌を平らげることができませんでした。
動物たちは同じ餌が得られるのなら
できるだけ楽な方が良いのでしょうね。
本当に油断ができません。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR