10月9日  広瀬川

3連休の2日目は、もしかしたら気の早いジョウビタキにでも会えるかと、短時間、広瀬川をのぞいてみることにしました。いつものように愛宕橋からスタートです。
愛宕橋からの風景

愛宕堰を過ぎ、進んでいくと、オナガガモの小さな群が泳いでいました。まだ渡りの途中かもしれませんが、いよいよ冬鳥到来です。でも岸辺は下草刈りをしたばかりでさっぱりしており、ほかの鳥たちの姿はあまりありません。いつもは地面を歩き回っているハクセキレイも、めずらしく木の枝の中にとまっていました。
愛宕堰  オナガガモ  ハクセキレイ

常連のカイツブリも、カルガモにまざって休んでいたこの個体くらい。ウミネコは橋の街灯で一休み。コンクリートの護岸の一部では、ベニシタンがびっしり実をつけて真っ赤に見える場所がありました。
ウミネコ  カイツブリ  ベニシタン  

郡山堰で何か見られるかと思いましたが、ここも不発。その先の茂みは、冬にはジョウビタキがよくいる場所なので期待したのですが、まだ姿はありませんでした。よどみにはタモロコと思われる魚の群がいました。
木流堀との合流点ではオイカワらしき魚がものすごい数の群をつくっていました。
その後も特にめぼしいものも見つからず、広瀬橋まで来てしまいました。海ではサケ漁も始まったようですが、まだこのあたりまで遡上している気配はなし。どれもちょっと早かったかな。
タモロコ  オイカワ  市中心部を望む

しばらくのんびり景色を楽しみ、近くで旋回しているトビを撮った後、来た道をゆっくり引き返すことにしました。
広瀬橋からの風景  トビ  キジバト

帰り道も特段見るものなく宮沢橋のあたりまで来てしまいましたが、岸からするどく短い鳴き声が。おっ、カワセミ。そっと声がした方を探すと、木の中にいました。でもちょっと暗いです。もう少し撮影しやすい場所に出てくれないかと、しばらく様子を見ていると、すっと飛び立ち中州の方に移動しました。ではこちらも移動。最初はどこにとまったか分からなかったのですが、川にダイブしてくれ、居所が分かりました。撮影にはちょっと遠めでしたが何度かダイブの様子と、魚を捕らえるところも見ることができましたので、この日はこれで終了です。
ノイバラの実  カワセミ  カワセミ

帰り道の信号待ちで、猛禽の鳴き声がしたので見上げると、ハヤブサが2羽で並んで飛んでいました。仙台は本当に自然に恵まれているなと、つくづく思いながら帰ったのでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR