11月16日  蕪栗沼

蒲生を散策した後は高速を乗り継いで蕪栗沼に。葦原が広がる白鳥地区を眺めながら進んでいきます。用水路沿いの木ではモズが鳴いています。
蕪栗沼 白鳥地区  モズ
蕪栗沼(白鳥地区)

沼に近づくとハクチョウなどの鳴き声が盛んに聞こえてきました。茂みの切れ目から沼をのぞくとヒシクイやハクチョウが水面を泳いています。岸にもたくさんの鳥たちが休んでいました。ハヤブサが飛んで来て向こう岸の木にとまりました。ここは猛禽類たちにとっても住みやすい場所のようです。
蕪栗沼 オオヒシクイ  オオヒシクイ  オオヒシクイ、オオハクチョウ
ヒシクイ/ヒシクイ/ヒシクイ、ハクチョウ

オオハクチョウ  オオハクチョウ  ハヤブサ
オオハクチョウ/オオハクチョウ/ハヤブサ

沼沿いに奥まで進み、白鳥地区側の道を戻ることにします。途中、ベニマシコの声が何度も聞こえたのですが、なかなか姿を捉えることができませんでした。比較的低空を猛禽類が飛んでいきました。
ホオジロ  ベニマシコ  チュウヒ
ホオジロ/ベニマシコ/チュウヒ

猛禽の正体はチュウヒ。この季節、ここではよく見られる猛禽です。
チュウヒ  チュウヒ
チュウヒ

車に戻るまでもう少し歩き、その後は周辺の田んぼを回っていることにします。

コメントの投稿

非公開コメント

チョウヒ

よく見られるということですが、名前も姿も知りませんでした…w タカとワシ(も言葉だけ?w)くらいしか、知らないかも…。
知らないと、ないものだと思っちゃうところが怖いですよね…。

蕪栗沼!

およよさんへ

こんばんは!

蒲生干潟のあと、蕪栗沼まで行かれたんですね!
duck4は蕪栗沼がとても好きなところです!宮城の原風景が残っているような感じが強くするからです!

行く途中、よく田んぼには多くのハクチョウさんたちがいたりします。
そして、マガンさんたちももちろん多く見かけますが、近づくと警戒心も強くすぐに逃げてしまいますよね!

蕪栗沼周辺を散策していると、マガンさん、ハクチョウさん、ベニマシコさんなどの小さな鳥さんたちにも出会えますよね!そして、もちろん猛禽類もですが..!v-519v-521

Re: チョウヒ

きくちゃん

チュウヒは仙台ではそれほどメジャーではありませんが、冬に蕪栗沼を散策すると、大抵、目にすることができると思います。
自然観察をしていると、おっしゃるとおり、それまで認識のなかったものを初めて知ると、次から「あっ、ここにも、ここにも!」と、次々その存在に気付くということがありますね。知らないと、見えていても頭の中で存在を消してしまうんでしょうね。
でも、だからこそ同じところに何度行ってもまた新たな発見があったりして、ついつい出かけてしまうのかもしれません。

Re: 蕪栗沼!

duck4さま

そうですね。仙台も自然豊かだと思いますが、蕪栗沼に行くと自然の濃さが違うように思います。小鳥、水鳥から猛禽まで、たくさんの鳥たちに出会うことができますので、とても楽しいです。

田んぼにいるマガンやハクチョウの群を観察する際の距離感、なかなか難しいですね。私も年1~2回しか行きませんので、どのくらいまで近寄っていいものか迷うことが多いです。見当を誤ると田んぼいっぱいのガンたちを一斉に飛びたたせてしまったりするので。

No title

およよさんへ

こんばんは!

日没前の蕪栗沼のガンさんたちの塒入りもいいですが、昼間も好きです!特に、ハクチョウさんたちなんかは、水辺のマコモを食べている姿を近くで観察できるからです。


蕪栗沼に行く途中。田んぼで餌を探しているハクチョウさんたちの様子はよく見ますが、自然に生えているマコモを食べている様子は、自生しているとこも少なく貴重でした。

蕪栗沼のようにもっとマコモが自生している川や湖沼が多いといいのですが..!v-519v-521

Re: No title

duck4さま

わたし的には田んぼで採餌しているハクチョウというのが一般的ですが、
なるほど、蕪栗沼ではそこに生えているマコモを食べている姿も見られるのですね。
ハクチョウの頭部が茶色くなっていたのは、そのせいなんですね。
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR