3月21日  クロサンショウウオ その2

池にはまだこんなに成体がいるのに、産み付けられた卵のうは相当時間が経過しているかのように寒天質が崩れています。よく見ると卵のうに小枝のようなものがたくさんくっついてゆっくり動いています。枯葉などを身に巻きつけたトビケラの幼虫が、外側の寒天質を食べているようです。どうやら犯人はこのトビケラのようです。
クロサンショウウオの卵のう  クロサンショウウオ  クロサンショウウオ 
卵のうに群がるトビケラの幼虫/クロサンショウウオ

その後もしばし、ぼーっとクロサンショウウオがあちこちで現れたり隠れたりするのをながめていました。正確には分かりませんが20匹以上はいたのではないかと思います。(右の写真には6匹のクロサンショウウオが写っています。(左上にしっぽ、左下に2匹、右上隅に頭、その下方に全身姿1匹、それと重なるようにもう1匹頭だけ))
クロサンショウウオ  クロサンショウウオ  クロサンショウウオ

こんな小さな池が30年も同じ環境を保っているということにちょっとした感動すら覚える幸せなひとときでした。
クロサンショウウオ  クロサンショウウオ  クロサンショウウオ
クロサンショウウオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR