7月30日  青葉山

天気:晴後一時曇 最高気温:31.1度 最低気温:22.4度

この日は青葉山へ。木漏れ日の中、散策路を進んでいくと道際にキンミズヒキが咲いていました。オカトラノオにハナカミキリがとまっています。
青葉山  キンミズヒキ  アカハナカミキリ
青葉山/キンミズヒキ/オカトラノオ、アカハナカミキリ

よく見るとほかにも数匹いて、中には交尾しているカミキリもいました。しばらく進むと大きな虫が飛び立って木の幹にとまりました。正体は交尾中のヒカゲチョウ。なるほど、それで大きく見えたんだ。
アカハナカミキリ  オオヒカゲ  ノギラン
アカハナカミキリ/オオヒカゲ/ノギラン

森にはいろいろなキノコが生えていました。もこもこと可愛いのはホウキタケの仲間。さらに地面に大きな茶色い塊を発見。ヤマナメクジ、しかも交尾中のようです。ナメクジは雌雄同体なので1個体で繁殖できるのですが、通常は交尾をしてお互いの精子を交換するとのこと。なかなかすごい。
フサヒメホウキタケ、ヒナアンズタケ  ヤマナメクジ  ヒグラシ
フサヒメホウキタケ/ヤマナメクジ/ヒグラシ

さらに進むとまたハナカミキリが。でもこちらはさっきのと違い斑模様です。朽ちた木にはキマワリが歩いていました。
ヨツスジハナカミキリ  キマワリ  キノコの仲間
ヨツスジハナカミキリ/キマワリ/キノコの仲間

沢に出ました。水はかなり少なめです。トウホクサンショウウオの幼生たちがちゃんと育っているか心配になって沢をのぞき込むとすぐに1匹の幼生を見つけることができました。でもこの日見つけたのはこの1匹のみ。やはり例年より厳しい状況なのかもしれません。また、沢の周囲のあちこちにアカガエルの赤ちゃんがいました。どちらも立派に大きく育ってもらいたいものです。
キイロスズメバチがセミの死骸に取り付いていました。
トウホクサンショウウオ  ヤマアカガエル  キイロスズメバチ
トウホクサンショウウオ/ヤマアカガエル/キイロスズメバチ

そろそろ引き上げ時間です。車に戻ると汗びっしょりでした。
ヌスビトハギ  ドクツルタケ
ヌスビトハギ/ドクツルタケ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR