4月1日  大沼周辺

天気:雨 最高気温:6.1度 最低気温:3.3度

この日はほぼ月いちの大沼周辺短時間巡回。季節はすっかり移り、鳥の数もめっきり減りました。この日いたのは北帰行できなかったのかハクチョウが1羽と、ハシビロガモの集団くらい。このハクチョウ、さびしいのか、人や車が通りかかる度に呼びかけるように声を上げていました。
大沼  オオハクチョウ  ハシビロガモ
大沼/オオハクチョウ/ハシビロガモ

水面にユニークな後姿を見つけました。カンムリカイツブリです。この日いたのは2羽。すっかり夏羽に変わっていました。ここで繁殖するようになって通年で見られるようになりました。今年も子育ての様子が見られそうです。
カンムリカイツブリ  カンムリカイツブリ、カワウ  カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ、カワウ

泥が見える場所にコチドリが3羽いました。例年だと赤沼で見かけることが多いのですが、すぐ近くで工事をしているので落ち着かないのかもしれません。脚で地面を軽くたたいては嘴で地面をつついていましたが、餌を見つけるための技なのでしょうか。
コチドリ  コチドリ  圃場整備の様子
コチドリ/周辺の圃場整備工事の様子

3月26日  ハヤブサ

天気:曇一時晴 最低気温:2.0度 最高気温:9.5度

この日は久し振りにハヤブサの様子をちょっとだけ確認に。周辺の水辺ではダイサギやカワアイサ、マガモなどがいました。
ダイサギ  カワアイサ  マガモ
ダイサギ/カワアイサ/マガモ、セグロセキレイ

巣の近くまで行くと木にとまっているハヤブサ1羽を確認。その後、崖の上に移りました。もう1羽、どこかへ飛んで行ったように見えたので、まだ抱卵していないのかと思ったのですが、帰る際、巣の中が見えるところから確認すると抱卵中のハヤブサがいました。
ハヤブサ  ハヤブサ  ハヤブサ
ハヤブサ

今年も子育ての様子を見せてもらえそうです。
ネコ  ヒメオドリコソウ
ネコ/ヒメオドリコソウ

3月25日  県南沿岸部

クロサンショウウオを見た後、まだ時間があったので県南沿岸部へ。海ではミミカイツブリが近くにいましたが、それ以外はミユビシギやヒドリガモが遠くの方にいるくらい。
ミミカイツブリ  ミユビシギ  ヒドリガモ
ミミカイツブリ/ミユビシギ/ヒドリガモ

クロガモも遠くにいました。時折飛んだりしていましたが、近くには来てくれませんでした。
クロガモ  クロガモ  クロガモ
クロガモ

で、お目当ての珍しい「ヒバリ」、前の週まではいたという情報もあり、この日も同じ目的らしき人たちが結構いましたが、結局出てきてくれず。前回同様、普通のヒバリやツグミしか見つけられませんでした。残念。
ヒバリ  ツグミ  ホオジロ
ヒバリ/ツグミ/ホオジロ

おまけ。
国交省ヘリ  ジェット機

3月25日  クロサンショウウオ

天気:晴一時雪 最低気温:0.1度 最低気温:10.1度

3週続けてクロサンショウウオの産卵地へ。前の週はまだ卵のうも成体も確認できませんでしたが、今回はどうか。池を見渡すとまだ卵のうはゼロ。目に留まるのはヤゴやゲンゴロウ、枯葉をモザイクのように纏ったトビケラの幼虫くらい。まだ早いのか。
ヤゴ  ゲンゴロウの仲間  アミメトビケラの幼虫
ヤゴ/ゲンゴロウの仲間/アミメトビケラの幼虫

気を入れて丁寧に水底を見ていくと、枯葉の間にうなじが、尻尾が、顔が…。
クロサンショウウオ  クロサンショウウオ  クロサンショウウオ
クロサンショウウオ

さらに見ていると、ようやく全身も見せてくれました。
クロサンショウウオ  クロサンショウウオ  クロサンショウウオ
クロサンショウウオ

でも大抵は枯れ葉の下にいて、時折息継ぎのために水面まで上がってくるものの、すぐにまた枯葉の下に隠れてしまいます。
クロサンショウウオ  クロサンショウウオ  クロサンショウウオ
クロサンショウウオ

どこから上がって来るか分からないのでなかなかシャッターチャンスを捉えられませんが、なんとか口を開けているところもパチリ。
クロサンショウウオ  クロサンショウウオ  クロサンショウウオ
クロサンショウウオ

見える範囲で10個体くらいはいるようです。中にはお腹の大きいメスの姿も見られました。ここ数日で産卵も始まることでしょう。
クロサンショウウオ  クロサンショウウオ  クロサンショウウオ
クロサンショウウオ

3月24日  広瀬川

天気:晴後一時雪 最低気温:0.1度 最高気温:7.7度

朝の寄り道、広瀬川散策です。岸辺の柳の花芽がずいぶん膨らんでいました。ジョウビタキのオスとメスが縄張り争いをしていました。勝ち残ったのはメスの方でしたが、枝被りの写真しか撮れませんでした。
広瀬川  ヤナギの芽  ジョウビタキ
広瀬川/ヤナギ/ジョウビタキ

川にいる面子は前回とあまり変化はありません。まずはカワアイサやマガモなどが少数。
カワアイサ  コサギ  マガモ、キンクロハジロ
カワアイサ/ダイサギ/マガモ、キンクロハジロ

コガモはほかに比べるとまだ少し数がいる感じです。この日はカンムリカイツブリも見ることができました。前回は見かけませんでしたが、その前は見ましたので居ついていたのかもしれません。
コガモ  カイツブリ  カンムリカイツブリ
コガモ/カイツブリ/カンムリカイツブリ

向こう岸ではいつものようにオオバンが集団で朝ごはん。でも中にははぐれ者もいるようで、こちらに一直線で向かってくるのもいましたキンクロハジロは前回オスのアップを撮ったので今回はメスのアップを。
オオバン  オオバン  キンクロハジロ
オオバン/キンクロハジロ

木流堀との合流地点でもまだハクチョウやユリカモメが残っています。水辺のユリカモメが一斉に飛び立ったので、猛禽か、と思ったのですが、すぐ近くで餌をまいた人がいてそれにめがけて飛び立っただけでした。
オオハクチョウ  ユリカモメ  ユリカモメ
オオハクチョウ/ユリカモメ

次に来るときは冬鳥はもうほとんどいなくなっているかな。
ツグミ  カワラヒワ
ツグミ/カワラヒワ
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR