1月21日  菖蒲田浜漁港

蒲生を見た後、もう少し足を伸ばして七ヶ浜町の菖蒲田浜漁港に行ってみました。七ヶ浜には震災後はもちろん、それ以前からしばらく来たことがありませんでした。
菖蒲田浜漁港
菖蒲田浜漁港

でも着いて分かったのは釣り人が結構多く、鳥たちはあまり期待できなそう。それでも漁船や浮きにカモメの仲間やカワウがとまっていたりして、漁港らしい雰囲気は感じられます。  
オオセグロカモメ  オオセグロカモメ  カワウ
オオセグロカモメ/オオセグロカモメの幼鳥?/カワウ

堤防に上り波打ち際を見るとヒドリガモの小さな集団がいます。中にちょっと顔の色が変わっている個体もいました。アメリカヒドリが少し混ざっているような感じ。また、上空ではミサゴも複数飛び回っていました。
ヒドリガモ  ヒドリガモ  ミサゴ
ヒドリガモ/ミサゴ

堤防に上がってみることにします。

1月21日  蒲生 その2

ハマシギの群は時折、一斉に飛び立って干潟を旋回し、別な場所に下りていました。例年だともう少し水鳥たちがいてもいいように思いますが、やはり防潮堤工事の影響でしょうか、少しさびしいように感じます。
蒲生  ハマシギ  ハマシギ
蒲生の砂浜/ハマシギ

ハマシギの小さなグループにそっと近づき、しばらくじっとしていました。すると餌探しをしながら少しずつこちらに近づいて来てくれました。固いようにみえる嘴は意外にも柔らかいようで(写真中央)、その嘴を地面に突っ込み、細いミミズのようなものを食べていました。(写真右)
ハマシギ  ハマシギ  ハマシギ
ハマシギ

少し離れたところにシロチドリたちもやって来ました。ハマシギはいかにも集団行動という感じですが、シロチドリは一定の距離を保って、つかず離れずという感じで行動しています。体色は年や性別によるのでしょうか、個体差が結構あります。中に足環をはめたシロチドリがいました。「13」という数字が書いてあるようです。(写真右)
シロチドリ  シロチドリ  シロチドリ
シロチドリ

結局、水鳥はそれ以上見ることはできませんでした。駐車スペースに引き返す途中出会ったモズとツグミを撮って、この日は終了です。
ホオジロガモ  モズ  ツグミ
ホオジロガモ/モズ/ツグミ

やっぱり、工事の影響かな。
ガマ
ガマ

1月21日  蒲生

天気:曇時々一時雨 最低気温:-1.3度 最高気温:4.9度

久し振りに蒲生の様子を見に行きました。防潮堤工事はさらに進み、干潟に出るために歩く距離も長くなりました。
蒲生  蒲生  蒲生
蒲生の様子

まずはコクガンの姿を探したのですが、姿はありません。どこかへ餌探しに出かけた後なのか、工事が進んでいるので今季は滞在していないのか。さらに干潟をざっと見渡すと、マガモとヒドリガモが少々とホオジロガモが3羽ほど。
マガモ、ヒドリガモ  ホオジロガモ  ミサゴ
マガモ、ヒドリガモ/ホオジロガモ/ミサゴ

次に砂浜を歩いてみました。しばらくすると小さな鳥の集団を発見。ハマシギ、と思ったらシロチドリも混ざっています。さらに周囲を見渡すとシロチドリがちらほら。
ハマシギ、シロチドリ  シロチドリ  シロチドリ
ハマシギ、シロチドリ/シロチドリ

奥まで進むと先ほどより大きなハマシギの群が休んでいました。
蒲生干潟  ハマシギ  コガモ
干潟の様子/ハマシギ/コガモ

もう少し粘ってみることにします。

1月14日  シノリガモ

天気:晴 最低気温:-3.1度 最高気温:4.1度

この日は教えていただいた沿岸部へ。といっても初めての場所なので正しいのかよく分かりません。目当ての鳥がいるかと海を見渡すと上空のミサゴに驚いたのか、カモの群が飛び立ちました。おっ、と思ったのですが、これはクロガモでした。さらにしばらく探すと消波ブロックの近くにカモの姿が。でもこれもカルガモやヒドリガモです。
ミサゴ  クロガモ  カルガモ、ヒドリガモ
ミサゴ/クロガモ/カルガモ、ヒドリガモ

やはり場所が違うのかと思っていたら、ほかとちょっと違うようなカモを見つけました。おー、いましたシノリガモです。かなり遠くで3羽だけのようですが、ようやく見ることができました。
シノリガモ  シノリガモ  シノリガモ
シノリガモ

それにしても変わった模様の鳥です。よく見ると近くに地味なカモもいます。メスが2羽いるようです。カモたちは海から上がり、しばらく消波ブロックの上で休んだりしていましたが、やがてオスの1羽が海に飛び込みました。
シノリガモ  シノリガモ  シノリガモ
シノリガモ

するとほかのオスたちも次々と海に入り、まだブロックの上に残るメスに呼びかけたのかどうかは分かりませんが(写真中央)、やがて5羽で沖の方に泳いで行きました。
シノリガモ  シノリガモ  シノリガモ
シノリガモ(中央の写真の左上、右の写真の左2羽はメス)

ありがとうございました。

1月13日  広瀬川 その2

カワセミに別れを告げ、さらに下流に進みます。水の流れがゆったりとなり、そこに水鳥たちがのんびり泳いでいます。場所によって波紋がいろいろ変るのも面白いです。
オオバン  カイツブリ  ユリカモメ
オオバン/カイツブリ/ユリカモメ

郡山堰の上に小さな鳥影がありました。イソシギです。堰のところまで行くと運よくこちらに飛んできてくれ、比較的近くで餌探しを始めました。さらに下流には白鳥の姿も見えます。
イソシギ  イソシギ  オオハクチョウ
イソシギ/オオハクチョウ

木流堀との合流点はほぼ凍結状態だったので、引き返すことにしました。するとカワアイサのオスとメスが付かず離れずで泳いでいました。さらに2羽の白い水鳥を発見。ミコアイサのオスです。
カワアイサ  カワアイサ  ミコアイサ
カワアイサ(オス)/カワアイサ(メス)/ミコアイサ(オス)

よく見ると、2羽のうち1羽はまだ冬羽に変わりきっていないようでした。ミコアイサは大沼ではなかなか近くで撮らせてもらえないのですが、ここではかなり岸近くまでやって来てくれ、サービスしてもらいました。
ミコアイサ  ミコアイサ
ミコアイサ
プロフィール

およよ

Author:およよ
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR